このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第120回

シリーズ初の有機EL 魅惑の曲面ボディ:

ソニーXperia XZ3は先頭集団に追いついた

2018年09月04日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月30日、ソニーモバイルコミュニケーションズが「Xperia XZ3」を発表。さっそく筆者もドイツ・ベルリンの見本市「IFA 2018」で実機を見てきました。前モデルXperia XZ2ではデザインの刷新をはかったものの、販売台数が落ち込むなど苦戦を強いられていました。果たしてどのように進化したのでしょうか。

■有機ELと曲面ガラスで表情が一変

 最大の特徴は液晶の代わりに採用した有機ELです。ソニー「ブラビア」シリーズの有機ELテレビで培ったノウハウを詰め込み、写真はあざやかに、黒色はしっかり表現されるようになっています。有機ELで問題になりがちな焼き付き問題についても、独自のさまざまな対策を入れているとのことでした。

 これに合わせてXperia XZ3では、本体の背面だけでなく、前面にも3D曲面ガラスを採用。画面の周囲はこれでもかとばかりに魅惑的なカーブを描いています。Xperia XZ1が発表された昨年の秋、「来年は曲面デザインになる」と言っても誰も信じなかったでしょう。

3D曲面ガラスにより、表情は大きく変わった

 気になる画面サイズは6.0インチ。Xperia XZ2の5.7インチから一回り大きくなったものの、横幅は73mmで1mmしか増えていません。画面端が曲面になったこともあり、インチ数は上がっても端末サイズはほぼ同じというわけです。

 Xperia XZ2で不評だった厚みは11.1mmから9.9mmに薄型化。有機ELではバックライトが不要になり、フレームの強度を上げられたことでガラスを薄くできたとのこと。歴代Xperiaと比べて数字の上ではまだまだ厚く見えるものの、手に持った感じでは他社の最新スマホに見劣りしない薄さに迫っています。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン