このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー ― 第9回

機械学習が地動説を再発見/「空飛ぶクルマ」に日本が本腰

2018年09月03日 12時59分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

コペルニクスもビックリ、機械学習が地動説を導き出した

物理学な偉大な法則は、それ以前に人類が獲得した物理学の知識に基づいて発見されている。物理学の既存の知識に依らずに、新しい法則を発見することは可能なのだろうか。チューリッヒ工科大学の研究者らは、物理の実験データや観測データを用いた機械学習により、予備知識なしで物理法則を「発見」できることを示した。

≫ 続きはこちら

日本が「空飛ぶクルマ」で世界の先進国に?官民で初会合

自動運転車や電気自動車では世界の後れを取る日本が、官民で「空飛ぶクルマ」を実用化しようと計画している。

≫ 続きはこちら

CRISPRによる筋ジストロフィー治療、動物実験で「驚くべき」成果

筋ジストロフィーに対する遺伝子療法の適用は以前から試みられている。テキサス大学の研究チームは、犬に対してクリスパー(CRISPR)を使った動物実験を実施し、「驚くべき」改善が見られたことを8月20日に開催された学会で報告した。

≫ 続きはこちら

ライダー不使用の自動運転車「オートX」が移動販売を展開

スタートアップ企業のオートX(AutoX)とグラブマーケット(GrabMarket)の提携により、自動運転車があなたの家の戸口まで、農産物や食料を届けてくれるようになる。あなたがカリフォルニア州に居住していればの話だが。

≫ 続きはこちら

賢すぎるチャットボットが 民主主義を支配する

プロパガンダ・ボットによる世論操作が深刻な問題になっている。今後、人工知能(AI)技術が発展するにつれて、ボットの振る舞いはより人間らしくなり、より効果的な攻撃を仕掛けてくるだろう。オックスフォード大学インターネット研究所の研究者による寄稿。

≫ 続きはこちら

水道管の交換場所をAIで予測、米フリント市の水汚染問題

人工知能(AI)のアルゴリズムが、ミシガン州フリント市の水道インフラの交換作業の一部で活用され、約1000万ドルが節約されている。

≫ 続きはこちら

現代の賞金稼ぎ 「バグハンター」の仕事で メシは食えるのか?

ソフトウェアに潜むバグを発見し、企業に報告することで賞金を得る「バグハンター」という新しい仕事が生まれている。現代の「賞金稼ぎ」で生活することはできるのか。あるバグハンターの暮らしを紹介する。

≫ 続きはこちら

テクノロジーは「健康」を変えるか?進む静かなるイノベーション

あらゆる産業に「テック(Tech)」が冠されるようになって久しい。スマホやウェアラブル端末などを活用して医療の健康管理にテクノロジーを持ち込もうという「ヘルステック」もその1つだ。

≫ 続きはこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ