このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第14回

アラームが鳴るのも防げます

【便利テク】映画館で慌てないApple Watchのディスプレーを消す方法

2018年08月30日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 真っ暗な映画館の中で、急にApple Watchのディスプレーが点灯してしまい、焦ったことはありませんか。暗さあってこその環境では、ディスプレーの光が会場の雰囲気を台無しにしてしまうことも。その当事者にならないためにも「シアターモード」を覚えておきましょう。

 「シアターモード」とは、Apple Watchの画面が手首の動きによって自動的に点灯するのを防ぐ機能で、Apple Watchのマナーモードのような存在です。ボタンを操作するまで画面は点灯しないので、映画館など暗さを保つ必要のある場所で、意図せず周りの迷惑をかける心配がありません。シアターモードをオンにすると、自動的に消音モードもオンになるので、アラームが鳴るのも防げます。

 設定はとても簡単。画面を上にスワイプしてコントロールセンターを開き、シアターモードのアイコンをタップするだけ。オフにしたいときも同様にコントロールセンターでシアターモードのアイコンをタップします。

●「シアターモード」の設定方法

コントロールセンターシアターモードがオンになるとオレンジ色に反転シアターモード状態のApple Watch

①画面を上にスワイプしてコントロールセンターを開きます
②仮面のアイコンをタップします
③シアターモードでは画面上部に仮面のアイコンが表示されます


※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 4.3.2)、iPhone X(iOS 11.4.1)で検証して作成しています。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中