このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

有機ELのBRAVIAが4K放送時代の製品に進化、4Kチューナーも投入

2018年09月04日 10時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーは9月4日、4Kテレビ「ブラビア」の新モデルを発表。有機ELテレビと液晶最高画質モデルを10月13日に発売する。なお、BS/CSの4Kチューナーは内蔵しないが、同時に外付けチューナーを発表している。

新画像処理エンジン&新オーディオシステム採用
画質も音質も強化された有機ELテレビ

「A9F」
「A9F」

 有機ELテレビ「A9F」は65V型(KJ-65A9F、予想実売価格 65万円前後)と55V型(KJ-55A9F、同45万円前後)を用意する。

最新の画像処理エンジン「X1 Ultimate」 最新の画像処理エンジン「X1 Ultimate」
コンテンツ制作者の推奨する画質で再生する「Netflix画質モード」も搭載する
コンテンツ制作者の推奨する画質で再生する「Netflix画質モード」も搭載する

 画像処理エンジンに最新の「X1 Ultimate」を採用。従来の「X1 Extreme」から処理能力が2倍になり、ノイズ除去性能の向上や超解像処理の精度向上、SDR映像をHDR化する「HDRリマスター」の最適化などが図られている。

 また、有機パネルを高精度に制御する「ピクセル コントロール ブースター」により、高輝度時でも色域を最大限に表現できるようになった。

本体背面。脚の部分のパネルを外すとオーディオインターフェースなどが現われる
本体背面。脚の部分のパネルを外すとオーディオインターフェースなどが現われる
パネルを外したところ。中央左よりにあるのがセンタースピーカー端子
パネルを外したところ。中央左よりにあるのがセンタースピーカー端子

 オーディオ系は、パネル前面のガラスを振動させることで音を鳴らす「アコースティック サーフェス」に加え、新たに横向きにサブウーファーを2つ内蔵。従来2.1ch(50W)だったオーディオが3.2ch(98W)に強化されている。

「センタースピーカーモード」のイメージ 音質・音声設定でオン/オフできる

 さらに、サラウンドシステムを使用する際、本機のオーディオシステムをセンタースピーカー代わりに使える「センタースピーカーモード」を搭載。専用のスピーカー端子(バナナプラグ)も搭載する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン