このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第631回

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』 第85回

「金をくれぇぇ」パソコンに詳しいせいで部長や知人のサポートセンターに

2018年08月24日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部で2018年6月13日に公開した「『金をくれぇぇ』パソコンに詳しいせいで部長や知人の『サポートセンター』に」を紹介します。


 業界人となかばネガティブな会話(主に周りの期待があさって系)をしていると、必ず口にする言葉があります。それは、

 「いいんですよ。自分、サポートセンターですから……」

 サポートセンターと聞くと、普通は「頼りになる・解決してくれる・とりあえず話を聞いてくれる」強い存在ですが、それが悪い方向に働いてしまった結果、この言葉になってしまいます。そう、業界における図式は、

 「サポートセンター」=「なんでも何とかしてくれる人」

 業界人が必ず1度は陥る罠、サポートセンター。しかも、1度陥ってしまうと2度とは抜け出せない罠。それは、社内だけでなく、時に社外からも襲い掛かる罠……。

 無茶ぶりの前に、必ずそれに至るまでの伏線があるのです。そう、「1度やってしまっただけに、繰り返す負のスパイラル」。

 そんな「サポートセンター」の実例を本日はご紹介したいと思います。

 紹介の前に一言申しますと……

 「解決するから金をくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」

※サポート料金

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!


 続きは「『金をくれぇぇ』パソコンに詳しいせいで部長や知人の『サポートセンター』に」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキーNo.1200(2018年10月16日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキーNo.1199(2018年10月9日発行)

  • 週刊アスキーNo.1198(2018年10月2日発行)

  • 週刊アスキー特別編集『2018 秋の超お買物特大号』

  • 週刊アスキーNo.1197(2018年9月25日発行)

  • 週刊アスキーNo.1196(2018年9月18日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事