このページの本文へ

「Apple Search Ads」日本上陸!広告運用担当者が押さえたいポイント6つ

2018年08月22日 14時55分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

App Storeの検索結果に広告が出せる「Apple Search Ads」がいよいよ日本でも始まりました。概要と出稿する上で押さえておきたいポイントをまとめます。

8月2日午前8時、日本国内にもApple Search Adsがリリースされましたね。

先行してAdvanceのみが8月2日午前8時より開始になり、Basicは8月23日午前2時から展開とのことです。AdvanceとBasicの違いは後ほど解説します。

Apple Search Adsは、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、スイスにおいては既にリリースされている広告メニューとなります。このApple Search Adsが、日本、韓国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインにてリリースされることになりました。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く