このページの本文へ

超オススメ ガジェット&サービス41第18回

佐藤正人オススメのアプリ

iPadでプログラミングの世界へ「Swift Playgrounds」

2018年08月22日 11時00分更新

文● 佐藤正人/ニュース担当

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SPEC:
メーカー●アップル ●発売中 ●無料

iPadでプログラミングに挑戦!

 '20年度から小学校の新学習指導要領においてプログラミング教育が必修化されます。主に「プログラミング的思考」を育むことを目的としているため、児童が自ずとプログラミング言語を覚えることや、プログラミング技能を習得すること自体を狙いとしたものではないことがポイントです。なお、開始年度をずらして中学校と高等学校でも実施される予定です。とはいえ、いきなりプログラミングと言われても何をどう学んでいくのかわからない人がほとんどでしょう。おそらく教える先生もプログラミングについて理解できている人はわずかで、これから学び始めるという状況だと思います。

【プログラミング基礎が学べる】ダウンロードしたレッスン一覧。いつでも続きからはじめられます。チュートリアルがあるので安心。

 そこでぜひ活用してほしいのが、アップルが提供しているプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」です。iPadさえあればすぐに始められ、アプリはApp Storeから無料でダウンロードできます。コーディングなどのプログラミングに関する事前知識はいっさい必要なく、Swiftというプログラミング言語を使ってバイトと呼ばれるキャラクターを操作しパズルを解きながらコードの基本について学習します。

 まずアプリを起動すると収録されている多数のコンテンツが表示され、レベルに応じたプログラミング学習に挑戦でき、アニメーションによって子どもでも飽きずにひとつずつ学ぶことができます。

【コード入力でバイトを動かそう】コードを入力すると指示されたとおりにバイトが動きます。まずは宝石を集めよう。
【レッスンはどれも無料】基礎から応用まで、どれでも無料で学べます。慣れてきたらゲームに挑戦してみよう。

 それでは、レッスン1となる「コードを学ぼう1」をタップしてみましょう。ここでは、用意されたコマンドを正しい順序で記述してすばらしい結果に導くことを目標に、コマンドの使い方やデバッグ、関数、forループといったプログラミング基礎が身に付けられます。例えば、マップに落ちている宝石を集めることを目標として定め、キャラクターを歩かせたり右を向かせたり、スイッチを切り替えたりしながらコードをタップして記述していきます。はじめは簡単な内容ですが、レッスンを進めていくとより難しいものになっていくため、悩みながら何度も繰り返すことで理解を深めることができます。正解はひとつとは限らず、自分なりのやり方を見つけて目標を達成することが重要です。ただし、ヒントは用意されているものの答えがないので、自力で最後まで頑張りましょう!

ニュース担当 佐藤正人

アスキーのニュースやSNS関連をメインに担当。ASCII倶楽部で毎週火曜の昼に配信しているメルマガでは、気になった最新ガジェットを自腹で購入し実際に試してみた体験談を中心に紹介しています。ぜひ、入会してご覧ください。お待ちしています。

ちょいだしじゃ、満足できない人は『週アス』でチェックだ!!

 各種電子書籍ストアや「dマガジン」、そしてASCII倶楽部などで読める『週刊アスキー 電子版』。2018年8月14日発売の1191号では、アスキーの編集者、総出で夏ガジェット&魅力的なサービスを紹介中。

 最新ニュースや人気連載など、ほかにもコンテンツはたくさん! ウェブでちょい見せしている製品・サービス以外にも魅力的なものをいろいろ紹介しているので、興味のある人はぜひ見るべし。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中