このページの本文へ

超オススメ ガジェット&サービス41第2回

ジサトライッペイ オススメのPCパーツ

電源ケーブルが光ってもいいじゃない!「Strimer 24pin」

2018年08月14日 17時00分更新

文● ジサトライッペイ/イベント出張P

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SPEC:
メーカー●Lian Li ●発売中 ●直販価格 6000円前後

24ピンだって光ったっていいじゃない

40℃近い猛暑日が続く今年の夏は、家にこもってひたすら自作PCがオススメです。昨年から続く激しいシェア争いで低価格化した6コア以上のCPU、積層NANDの躍進で超お買い得になったSSDなど、PC自作を後押しする流れはとどまることを知りません。財布の紐が固い「今は時期じゃないおじさん」のGoサインなんか無視してOKです。自作しようと思ったその時が「時期」なのです。

 僕はとにかく「欲しい」と思ったら速攻でパーツを買います。自作PCパーツの中には少量入荷の品も多く、欲しいときにはすでに売り切れていることもしばしば。今回紹介する「Strimer24pin」もそんな製品のひとつ。Strimer24pinは世にも珍しい、光る24ピン電源延長ケーブル。COMPUTEX2018で発表され、おそらく最も話題を呼んだPCパーツではないでしょうか。7月24日に発売し、僕はarkで当日購入しましたが、とあるお店では事前予約だけで売り切れになったそうな。

【PCIブラケットが付属】内容物。PCIブラケット接続でコントールする場合、電源はSATAから供給します。
【強引な曲げすぎに注意】ファイバーケーブルは曲げると抜けやすいので、長さに余裕をもって固定するのがオススメです。

 現在の自作PCパーツはもはや光らないものを探すほうが難しいほど、どこのメーカーも発光機能を備えた製品を販売しています。マザーボードはもちろん、グラフィックスボードにメモリー、ファン、CPUクーラー、2.5インチSSDなどジャンルは多岐に渡ります。で、とうとうLian Liは電源延長ケーブルまで光らせてしまったというわけです。厳密に言えば、光っているのは電源ケーブルそのものではなく、その上を這っているファイバーケーブルです。このファイバーケーブルをマザーボードのアドレサブルRGBピンにつなぐだけで光るようになるわけですが、同ピンがない古いマザーボードでも使えるように物理ボタン付きのコントローラーを搭載するPCIブラケットも付属しているのがうれしいところ。コントローラーからは発光スピードやモードを変更できるので、マザーボード制御じゃなくても結構いろんな光らせ方ができます。

【これぞ自作PCの醍醐味】パーツを光もので固めると相乗効果でかっこよくなります。早く光る補助電源延長ケーブル出して。(編注:でました)

 僕は「ROG RAMPAGE Ⅵ EXTREME」や「Trident Z RGB」、「Kraken X72」と組み合わせて派手に光らせてますが、ここまで来るとグラフィックスボードやCPUの補助電源ケーブルも光らせたくなりますね。というわけで、待ってますよ。Lian Liさん!

イベント出張P ジサトライッペイ

毎年夏はジリジリと暑くなる外を眺め、涼しい部屋の中で日本語HIPHOPをかけて、ハイボールを飲みながらまったり自作PCいじり。夜になったらOCCTをかけて銭湯へ。帰りにコンビニでそうめんと発泡酒を買ってきて、結果のグラフをまとめながらすすってます。

ちょいだしじゃ、満足できない人は『週アス』でチェックだ!!

 各種電子書籍ストアや「dマガジン」、そしてASCII倶楽部などで読める『週刊アスキー 電子版』。2018年8月14日発売の1191号では、アスキーの編集者、総出で夏ガジェット&魅力的なサービスを紹介中。

 最新ニュースや人気連載など、ほかにもコンテンツはたくさん! ウェブでちょい見せしている製品・サービス以外にも魅力的なものをいろいろ紹介しているので、興味のある人はぜひ見るべし。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中