このページの本文へ

自律ドローンでバードストライク対策、数十羽の追い出しに成功

Erin Winick

2018年08月09日 12時59分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しいアルゴリズムは、航空機で混雑する空域から野鳥の群れを追い出すドローンを操縦できる。

2009年に起きたUSエアウェイズ1549便の不時着事故のチェズレイ・サレンバーガー機長や生還者に尋ねるまでもなく、野鳥は航空機に重大な危険を及ぼす。空港は野鳥を追い払うため、大きな音やレーザー、訓練した鷹に至るまで、あらゆる手段を講じてきた。だがどれも高コストで、信頼性も低い。

カリフォルニア工科大学の技術者は最近、学術誌『IEEE トランザクションズ・オン・ロボティクス(T-RO)』に掲載された論文で、羊飼い犬(牧羊犬)を参考にしたアルゴリズムを使ったドローンの自律操縦ソフトウェアについて書いている。

開発チームが実施した試験では、1台のドローンだけで数十羽の鳥の群れに効果があることが分かった(冒頭動画参照)。自律ドローンを使ったこの取り組みは、サレンバーガー機長の「ハドソン川の奇跡」で描かれた不時着水のような事故を防ぐのに役立ちそうだ。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ