このページの本文へ

開発者向けに先行アップデート

HoloLensがついに日本語対応

2018年08月08日 15時45分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Microsoft HoloLens

 マイクロソフトは、MRデバイスHoloLensのInsider Preview(開発者向け先行アップデート)を発表した。このアップデートは「RS5」と呼ばれるもので、これまでは英語にのみ対応していたところ、新たに日本語、簡体中国語に対応した。

 日本語バージョンに切り替えることにより、日本語入力や日本語の音声認識が可能となる。なお、日本語バージョンに切り替えるには必要な言語のビルドをPCにダウンロードし、Windows Device Recovery Tool(WDRT)を用いてHololensへインストールしなければならず、セッティングアプリからの切り替えはできない。また、日本語バージョンをインストールする際、HoloLensのデータが初期化されるので要注意。

HoloLensの言語切り替え手順

 HoloLensの言語切り替え手順は下記のとおり。

1. Windowsのアカウントでインサイダープレビュー利用について承諾
2. HoloLensでインサイダープレビューを許可したのちに、RS5へアップデート
3. PCにWDRTをダウンロード
4. 簡体字中国語または日本語の、いずれか好きなパッケージをPCにダウンロード
5. ダウンロード完了後、エクスプローラー → ダウンロードを選択
 ダウンロードしたZipファイルを右クリックして解凍
6. microUSBケーブルを使い、HololensをPCに接続
7. デバイスが自動的に検出されるのでMicrosoft HoloLensを選択
8. 次の画面で“Manual package selection”を選択
 手順5で解凍したフォルダー内のインストール・ファイルを選択(拡張子”.ffu”が目印)
9. ソフトウェアのインストールを選択し、手順にそってインストール
10. ビルドのインストールが完了すると、Hololensのセットアップは自動的に開始される
 Hololensを装着し、ガイダンスに沿ってセットアップを行なう
 セットアップが完了したら、Settings → Update & Security → Windows Insider Programへと進み、最新のプレビュービルドに設定されていることを確認
 これにより、中国語/日本語バージョンも英語版と同様、最新のプレビュービルドに随時更新される

 日本語、簡体中国語の入力はスクリーン上のキーボードのみの対応。Bluetooth接続のキーボードを使った入力は現時点でサポートされていない。ただし、日本語/簡体中国語バージョンでもBluetooth接続のキーボードを使った英語入力は可能。

そのほか全体的なアップデート内容

 RS5では、言語対応のみならずHoloLensのさまざまな機能がアップデートされた。下記が言語対応以外の全体的なアップデート内容。

・動画撮影の停止機能
 動画撮影をスタートメニューまたはクイックアクションメニューから開始/撮影停止が可能。音声操作にも対応している
・TVなどディスプレー出力
 HoloLensのコンテンツをSurfaceデバイスやTV画面などに出力できる。マイクロソフトディスプレイアダプターを使用
・新しい通知アイコン
 PC操作と同様に、HoloLensの画面上に通知アイコンが現れる。アイコンを見ることで応答できる
・オーバーレイ表示
 アプリを使用しながら、文字入力する「キーボード」、ファイルを選べる「file picker」、会話が可能な「dialogs」といったオーバーレイを利用できる
・音量調節の表示
 HoloLensの音量ボタンを操作すると、ディスプレーにボリュームレベルが絵で表示される
・ロード中の表示
 プログラムのロード中、そのことを示す表示が画面に出る
・Nearby Sharing
 HoloLensで撮影した動画や写真を、近くのWindowsデバイスにデータ送信できる
・Microsoft Edgeからのシェア
 インターネットブラウザーアプリ「Microsoft Edge」で”シェアボタン”を使い、ウェブコンテンツの共有が可能

 待望の日本語サポートを始め、さまざまな機能がアップデートされたRS5。HoloLensユーザーの方はぜひ試してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!