このページの本文へ

9月にはトーナメントも

VR×e-Sportsなゲーム「Blitz Freak」正式リリース

2018年08月08日 14時20分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Blitz Freak

 ActEvolveは8月6日、マルチプレーの対戦型VRゲーム「Blitz Freak」をSteamにて正式リリースした。デバイスはHTC VIVEとWindows MRに対応しており、価格は930円。5月1日よりアーリーアクセス版として販売されていたが、正式リリースバージョンでは遊びやすさと面白さを追求したアップデートが施されている。

 Blitz Freakは、日本発のVRコンテンツとしてe-Sports化を目指したオンラインマルチプレイヤーのVRゲーム。中央の陣地を相手より先に占領するのがゲームの目的となる。両腕に装備したアームを使い、ステージ内のオブジェクトを相手に射出してダメージを与えたり、酔いにくい自由移動を用いてスピード感あふれる戦いを実現しているという。

ゲーム画面 

 プレイヤーは一人称視点でプレーするが、外部ディスプレーなどへは第三者視点で出力される。スポーツ観戦のような配信が可能となるため、プレイヤーだけでなく観客もより楽しめるはず。GDC2018などにも出展しており、そちらでも好評だったとのこと。VR×e-Sportsにいち早く着手しているということもあり、期待のタイトルだ。

東京でトーナメントを9月に開催

 また、正式リリースを記念し、9月5日にRed bull Gaming Sphere Tokyoにて「Blitz Freakトーナメント」を開催する。当日のイベントの模様はゲームコミュニティDEKKIのTwitchチャンネルDekkiGamesJPにて配信予定。

 配信にはGenvid Technologiesのシステムが利用されおり、視聴者が配信サイトから試合に直接影響を与えることができるなど一風変わったシステムが特徴。「いいね」ボタンを押すとプレイヤー側に声援が聞こえ、「ボム」ボタンを押すとリアルタイムで試合に爆弾が投下されるなど、インタラクティブな観戦体験が可能としている。トーナメントに参加する一般参加選手も募集中。応募はこちらから。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!