このページの本文へ

ストレージ関連技術とサービスの強化を図る

さくらインターネット、東大発ベンチャー「IzumoBASE」を子会社化

2018年08月07日 16時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さくらインターネット、IzumoBASE

 さくらインターネットは8月6日、IzumoBASEを完全子会社化すると発表した。8月10日に子会社化する予定。

 IzumoBASEは2012年に東京大学発のベンチャーとして起業、世界初をうたう機密分散機能を搭載したSoftware-Defined Storage製品「IzumoFS」を開発・販売している。さくらインターネットはIzumoBASEの全株式取得により完全子小会社化し、新たなストレージサービスの共同開発などサービスラインアップの拡充などを図るとしている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!