このページの本文へ

第2世代Ryzen Threadripperが到着!気になる中身をいち早く大公開

2018年08月06日 22時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2018で発表された「第2世代Ryzen Threadripper」が届いた。COMPUTEXではラインアップまでは明かされていないが、最上位は32コア/64スレッドになり、現状の第1世代の上位モデルの位置づけとなるとされている。

 毎回、AMDからメディアに送られてくるメディアキットは、インパクトのあるケースで送られてくるのだが、今回も巨大な黒い箱にCPUとメモリー、CPUクーラーが入っていた。

抱え上げると頭の上を超えるほどの縦長の箱に、CPUなどが詰められていた
箱の上部、サイドにもAMDのロゴが入っていた

 黒いケースに入っていたCPUには、「Ryzen Threadripper 2990WX」の文字が。また、別途マザーボードと一緒に「Ryzen Threadripper 2950X」が入っていた。今回、32コア以下のモデルも発売されるとのことだったので、おそらく2990WXが32コア/64スレッド、2950XはRyzen Threadripper 1950Xと同じ16コア/32スレッドになるものと思われれる。

2990WXの入った黒いケースの中には、2990WXのパッケージにRyzenをイメージしたオレンジ色のクロスのアーチで飾りが施されていた
パッケージの中はこんな感じ。1950Xの時は、縦に立てる感じのパッケージだったが、今回は弁当箱のように開く横長の形状。CPUを収めるケースは、黒い発泡スチロールの内側に挟まれて固定されていた。T20のトルクレンチとAsetek製水冷を利用するためのアタッチメントは、箱の上部に収められた黒い箱の中に、シールやマニュアルと一緒に収納されていた
届いたCPUは「Ryzen Threadripper 2990WX」(左)と「Ryzen Threadripper 2950X」(右)の2製品
「Ryzen Threadripper 2990WX」の裏面
黒い大きな箱の下にCPUクーラーと、メモリーも収納されていた

 CPU性能に関するレビューは、後日お届けする。お楽しみに!

●関連サイト

カテゴリートップへ