このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

MSI製ノート「WS63 8SJ」は超薄型のワークステーションだ

2018年08月07日 12時00分更新

文● 加藤勝明 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 もしCG制作や映像編集をしたいという相談をされたら、どんなPCをオススメすべきだろうか? クリエイティブな作業にはCPUはもちろんGPUのパワーが求められるので、ゲーミングPCをオススメするのは良いアイデアだ。

 だがプロ向けのソフトを使うという前提に立つと、このアイデアはあまりよろしくない。GeForceやRadeonといったゲームでの利用を前提としたGPUだと、クリエイティブ系ソフトでの動作が保証されないからだ。

 プロ向けのソフトでも確実に動作するPCが欲しいなら、QuadroやFire Proといったワークステーション向けGPUを搭載したPCを選ぶべきなのだ。

薄型ゲーミングノート風ながら、CPUに最新6コアCPU、GPUにQuadro P2000を搭載した“持ち運べるワークステーション”「WS63 8SJ」。実売価格は税込み33万円程度

 今回紹介するMSI製「WS63 8SJ(以降8SJは省略)」は、プロフェッショナル用途での使用を前提としたモバイルワークステーションというべき15.6インチフルHDノートだ。CPUは最新6コア12スレッドの「Core i7-8750H」、そしてGPUは「Quadro P2000」を採用している。

 今回はこのWS63がどういったポテンシャルを持ったPCなのかを、さまざまなベンチマークなどを通じてレビューしていきたい。

一見するとゲーミングPCだが……

 では外観→内部へとWS63をじっくり眺めてみよう。ワークステーションというとゴツいボディーを想像するが、このWS63は重量約1.89kg、厚み約17.7mm……いわゆる“スリムでも高性能”なスタイルが1番の武器だ。

 同社のゲーミングノート「GS63 Stealth」シリーズとほぼ共通のボディーを使っているが、ゲーミングPCにありがちな“赤+黒”の配色ではなく、“緑+黒”のかなり落ち着いた印象に仕上がっている。

全体の造形はGS63 Stealthと共通ながら、カラーリングや発光機能を変更することでオフィスに置いても浮かない面構えとなった
右側面にはHDMIやMini Displayport出力のほかにThunderbolt3ポートを配置。こちら側のUSBポートは2.0である点だけが非常に残念左側面にはメモリーカードリーダーやオーディオ入出力、ギガビットイーサなどを搭載。青いUSBポートが3基見えるが、うち右側の2基は5GbpsのUSB3.0(同社はUSB3.1 Gen1という表記を採用している)、1番左側は10GbpsのUSB3.1(同様にUSB3.1 Gen2)となる

 キーボードもGS63ではRGB LEDを使った派手なバックライト機能も装備されているが、WS63は単なる白色バックライトLEDに変更され、スーツ姿で使っていても浮かない出で立ちになっている。

 また、厚さ17.7mm(液晶含む)のスリムボディーながら、Thunderbot3やHDMI/Mini Displayport出力、さらにギガビットイーサなどインターフェースも充実している。

底面はスエード調の素材が貼られている。全面ほぼ金属なので、フル稼働中に直接肌が触れても熱さを緩和するためのものだろう。ヒンジ側(図中下側)に通気口が多数設けられているが、ファンが3基透けて見えるキーボードはMSI製ノートではおなじみの変形JIS配列。BackSpaceや右Shiftキーが隣接、テンキー部分のピッチが狭いという特徴を持つが、打鍵感はそう悪くない。こちら側からも3基のファンから向こうが透けて見える
デザイン業務で使うならデータの流出を防ぐ機構は欲しいもの。WS63ではタッチパッド上に指紋認証用センサーを組み込むことで解決。持ち運び運用でも強固なセキュリティー体制が構築できるだろうGPU搭載ノートなのでACアダプターは大きめ。とはいえ中型ノートPC用としてはごく普通のサイズだ。出力は約150Wだった

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン