このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第571回

幻想的な雰囲気がいい 逢魔が時に撮る夏の猫

2018年08月04日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
19時19分の住宅街。猫がいた、と思ってしゃがんだら、何を期待したのかこちらにとことこと歩いてきたのであった。夜は明るい単焦点レンズで。後ろの街の灯りがほわんと入る感じがいい(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
19時19分の住宅街。猫がいた、と思ってしゃがんだら、何を期待したのかこちらにとことこと歩いてきたのであった。夜は明るい単焦点レンズで。後ろの街の灯りがほわんと入る感じがいい(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 それにしても暑いにもほどがありますな。猫はオモテに出てこないし、人だってオモテに出て這いつくばって猫に近づいてる場合ではないわけで、みなさま涼しいところでお昼寝するのがよさげである。

 そして、18時過ぎ。日が沈む準備をはじめ、直射日光に悩まされることもなく、気温も下がりはじめる(といっても、35度が32度になるくらいなわけだが)頃、おもむろにカメラを持って散歩にいくのである。

 江戸時代、そんな夕暮れの薄暗い時刻を「逢魔が時」と呼んでいた。大きな禍いが起こる時間で「大禍時」(おおまがとき)が語源という説(大言海)もあるが、要するに、急に暗くなって事故が起きやすい、魔物に逢いやすい時間ってわけで、もともと「おうまがとき」という音があり、「おうま」を「逢う魔」に当てたっぽい。

 街灯も何もない時代、油断してると空が赤く染まり町は急に暗くなり足下がおぼつかなくなる不安な気持ちが伝わる言葉だ。

 そんな時刻になると、強すぎる日差しを嫌って風通しのよい隙間に隠れていた猫たちがのそのそと姿を現す。

 これを「逢猫が時」と書いて「おうにゃがとき」と呼ぶ。いや、今思いついただけです、すみません。

 というわけで、夏の「逢猫が時」が今回のテーマだ。

 だいたい日没の前後30分ずつくらいだけど、今回はもうちょっと拡張して、18時から20時に撮った猫写真をピックアップしてみた。

 この時間、実は猫には出会えるけれども、撮るのは難しい。人間の目が感じる以上に、すでに「暗い」から。常に手ブレや猫ブレに注意しつつ撮るべし。

口の端を上げて「にやり」とした顔が「逢魔が時」っぽかったのである(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
口の端を上げて「にやり」とした顔が「逢魔が時」っぽかったのである(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 18時12分、日没前だがアパートが林立する住宅街はもうとっくに日が当たらなくなって薄暗くなりかけ。

 隠れていた猫がおもむろに顔を出す。たまたま人なつこい猫がいたので呼んでみると、とことこと近づいてきたので中望遠で1枚。

 夕暮れ猫撮影用に明るめの単焦点中望遠レンズを持ってきてたのだ。

 顔のアップはちゃんと目にピントを合わせること……が鉄則なのだけど、次の写真は鼻にピントが合っております。こっちのミスなのだけど、ちょうど口元に表情が出た瞬間だったので怪我の功名的な意味で採用。

2つ並んだベンチでそれぞれ足を向け合って寝てる猫。明らかにニャツばて寝ですな。日が暮れてきて、ベンチまで出てきたけど、動くにはまだ暑かった……んでしょう(2018年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
2つ並んだベンチでそれぞれ足を向け合って寝てる猫。明らかにニャツばて寝ですな。日が暮れてきて、ベンチまで出てきたけど、動くにはまだ暑かった……んでしょう(2018年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 18時34分。

 住宅街の小さな公園。2つのベンチそれぞれで猫がニャツばて中。両者のぐだぐだっぷりがたまらんので、気づかれないように公園の外から1枚。

 公園名が入った看板はモザイクをかけさせていただきました。

 太陽は沈む直前で薄暗くなったが、まだまだ暑い時間。のそのそとベンチまで出てきたものの、まだ暑くてぐだっとしております。

となりにしゃがんだら、逃げるのもめんどくさいって感じで大あくびをされたのでその瞬間を。きれいなチャトラのハチワレでありました(2018年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
となりにしゃがんだら、逃げるのもめんどくさいって感じで大あくびをされたのでその瞬間を。きれいなチャトラのハチワレでありました(2018年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 18時36分。

 ベンチの猫にそっと近寄ったら逃げもせず、威嚇されました。

 いや威嚇はウソ。単なるアクビ顔。

きちんと猫の顔にピントが合うよう調節し、こちらを振り返った瞬間を狙って撮影。猫にとってベンチの下はよいくつろぎポイントである(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
きちんと猫の顔にピントが合うよう調節し、こちらを振り返った瞬間を狙って撮影。猫にとってベンチの下はよいくつろぎポイントである(2018年7月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 18時51分。

 日没の頃、どこからともなく公園にやってきた猫。ベンチの下にそっと隠れていたのを発見。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン