このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第10回

熱中症防止に役立てよう

【便利アプリ】夏こそApple Watchで水を飲む習慣をつける方法

2018年08月02日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 熱中症が話題のこの夏。とにかくこまめな水分摂取が大事ですが、仕事やレジャーに没頭していると忘れがちに。そこで活用したいのが、Apple Watchに対応するアプリ「わたしの水バランス:毎日の飲み物トラッカーとリマインダー」(以下、わたしの水バランス)です。

 摂取した水分量を自主的に登録することで、摂取量を記録するアプリはありますが、このアプリはユーザーの性別や体重、トレーニングの有無によって1日に必要な水分摂取量を計算し、それに基づいて1日のうち指定時間内に、設定した間隔で水を飲むようにApple Watchに通知してくれます。

 定期的に通知で水分補給を促してくれるので、飲み忘れを防ぎやすくなります。もちろん、通知を受け取る前に水分を摂取して、自分でiOS端末から摂取量を記録すれば、通知が来ることはありません。

iPhoneにインストールしたわたしの水バランスの画面

 わたしの水バランスでは、iOS端末にアプリをインストールすればApple Watchでも利用可能になり、通知をタップすることで飲んだ水の量を記録できます。

 さまざまな飲み物に対応していますが、無料版では水、コーヒー、お茶の3つが選択でき、飲んだ量を記録するとアプリに水が溜まるという演出付き。

 Apple HealthやFitbitアプリとの連携も可能です。有料版(600円)を購入すると、広告が削除されるほか、選択できる飲み物が増えるなど、フル機能使えるようになります。

 まずは通知を受け取って、こまめに水を補給しましょう。

●Apple Watchでも水分摂取量を記録可能

Apple Watchに届いた通知

①Apple Watchに通知が届いたら「飲み物を追加」をタップ

これまで飲んだ水の量も表示無料版では水、コーヒー、お茶が選べる

②「追加」をタップ
③飲み物を選択します

飲んだ量をタップ。任意の量も入力できます必要な量に対してどれくらいを達成しているかがわかる

④飲んだ量を指定する
⑤記録される


※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 4.3.2)、iPhone X(iOS 11.4.1)で検証して作成しています。



カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中