このページの本文へ

英国の騒音防止団体よりノイズ低減技術を認められた証

本格的な静音設計を取り入れQuiet Markを取得したワイヤレスキーボード&マウス

2018年07月31日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フルキーボードの「TK-FDM092SMBK」(下)とミニキーボードの「TK-FDM091SMBK」(上)

 エレコムは7月31日、本格的な静音設計を取り入れたワイヤレスキーボードを発表。静音ワイヤレスマウスも付属し、8月上旬に発売する。

 キーボードには、各キートップに装着したシリコンカバーが打鍵音を大幅に軽減している。付属のマウスはクリック時のカチカチ音がしない静音スイッチを採用。英国の騒音防止団体よりノイズ低減技術を認められた証であるQuiet Markを取得している。

メンブレン式スイッチにさらにシリコンカバーを設けて騒音を低減

 USB端子に接続する小型レシーバー(付属)を使用する。キーボードはフルキーボード仕様(日本語配列109キー)の「TK-FDM092SMBK」と、テンキーの省略されたミニキーボード(日本語配列84キー)の「TK-FDM091SMBK」の2モデル。価格はTK-FDM092SMBKが9007円、TK-FDM091SMBKが8618円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース