このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第32回

北京のBOEテクノロジーグループ:

アップルiPhoneの有機EL生産に中国業者が名乗りあげ

2018年07月27日 23時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのiPhoneに搭載されている有機ELディスプレーの生産業者になるため、中国のBOEテクノロジーグループが製造計画に取り組んでいるとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が7月23日に報じた。

 WSJは業界関係者からの話として、BOEが2020年からアップルに有機ELディスプレーを供給することを目標に開発を行っていると伝えている。

 iPhoneの有機ELディスプレーの供給はサムスンがほぼ独占しており、先日LGが提携したとのうわさが流れたばかりだ。BOEは液晶ディスプレーの分野で世界最大級の規模を誇るメーカーのため、製造に成功すればパーツの調達価格が2020年から大きく下がるものと思われる。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中