このページの本文へ

GDPRに近い? 消費者プライバシー法がカリフォルニアで施行か

2018年07月25日 09時00分更新

文● 白木/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カリフォルニア州知事が現地時間6月28日に署名した消費者プライバシー法は、アメリカでもっとも強く、もっともアグレッシブなプライバシー保護対策であると、DIGIDAYは報じている。

 この法案が施行されるのは2020年1月から。企業が収集する個人情報のカテゴリと特定の部分を開示するよう要求できる。さらに消費者は個人譲歩の削除を要求する権利、ビジネスによる個人情報の売買を停止できる。

 消費者の情報を収集自体は防げず、情報収集を止めるよう求めるオプションを消費者に与えることもない。この点は、欧州の一般データ保護規則とは異なっているという。

 「この法律の広範囲な性質は、これまでのプライバシー分野では例がない。そして、その影響は、いまだ計り知れない」と全米広告主協会の政府関係部エグゼクティブ・バイスプレジデントであるダン・ジャッフ氏は述べているそうだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談