このページの本文へ

62種類のサブドメインでも簡単操作で常時SSL化

さくらのサブドメインでも無料でSSL証明書が利用可能に

2018年07月24日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さくらのサブドメイン向けSSLサーバー証明書を無料提供

 さくらインターネットは7月24日、「さくらのレンタルサーバ」で利用できるサブドメインにおいてもSSLサーバー証明書(SSL証明書)を無料で提供すると発表した。2018年8月より提供開始する。

 近年の個人情報漏洩やフィッシング詐欺などの不正行為被害のリスクが高まるなか、Google ChromeではSSL証明書を導入していないサイトに関しては警告を表示するようになるなど、SSL証明書の必要性が高まっている。

 さくらのレンタルサーバでは無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を簡単に設定できる機能をすでに導入しているが、今回新たにさくらのレンタルサーバで利用可能な62種類のさくらのサブドメインにおいても無料でSSL証明書を設定できる機能を提供したという。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!