このページの本文へ

パナソニック、キャニスター並み吸引力のコードレススティック掃除機

2018年07月20日 16時45分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは7月20日、コードレススティック掃除機「POWER CORDLESS(パワーコードレス)」2モデルを発表した。発売は8月30日。

左「MC-SBU820J」、右「MC-SBU620J」

 新開発したハイパワーモーターは、より大きく速い風を効率よく発生させることで、同社のキャニスター掃除機(MC-SR560G)並みの吸引力を実現。同社コードレススティック掃除機史上最高の吸引力をうたう。フローリング・畳・じゅうたんなどさまざまな床材のゴミをしっかり吸い込めるとしている。

吸引力を比較している様子。同社製のキャニスター掃除機は測定器の黒い重りを持ち上げられる
次に従来品のコードレススティック掃除機。吸引力不足のため重りは持ち上がっていない
最後に今回発表のコードレススティック掃除機。キャニスター掃除機同様重りを持ち上げている
じゅうたんのゴミもしっかり吸い取っている

 約20µmのゴミを検知できる「クリーンセンサー」も搭載。目に見えないゴミも検知し、キレイになるとランプが青く発光する仕組みになっている。

 先端が着脱可能な親子ノズルには、従来製品にも搭載されている壁にあたるとノズル前面が開いて壁際のゴミも取れる「ガバとり」機能を搭載。これにより壁際から隙間のゴミまでノズルを付け替えることなく掃除ができるとのこと。

 リチウムイオン電池を8本搭載し、運転時間は標準の自動モード時が約18分から40分、ロングモード時は最長65分の運転可能とのこと。電池を8本にすることで1本あたりの負荷を抑え、繰り返し充電による電池寿命にも配慮している。

 また、同社は軽さと強度を併せもつ「セルロースファイバー樹脂」を開発し、本製品に採用。ノズルには衝撃に強い同社特許技術の「中空ガラス配合軽量プラスチック」を採用している。

 2モデルの違いは付属品にあり、MC-SBU820Jにはスタンド式充電台とロングホースが付属している。

 仕様と市場想定価格は以下のとおり。

MC-SBU820J
カラー:ホワイト
運転時間:「強」約6分、「自動」約18~40分、「ロング」約50分(ノズルブラシ回転オン時)・約65分(ノズルブラシ回転オフ時、付属ノズル、子ノズル使用時)
充電時間:約3時間
集じん方式:サイクロン式(ステンレスガード)
集じん容積:約0.2L
サイズ:「スティック」幅240×奥行き218×高さ1175mm、「本体」幅96×奥行き218×高さ473mm
質量:「スティック」2.5kg、「本体」1.9kg
充電方法:スタンド式充電台/充電アダプター
付属品:すき間用ノズル、ペタすき間ノズル、ふとん清潔ノズル、ロングホース
市場想定価格:9万7200円前後

MC-SBU620J
カラー:レッド
運転時間:「強」約6分、「自動」約18~40分、「ロング」約50分(ノズルブラシ回転オン時)・約65分(ノズルブラシ回転オフ時、付属ノズル、子ノズル使用時)
充電時間:約3時間
集じん方式:サイクロン式(ステンレスガード)
集じん容積:約0.2L
サイズ:「スティック」幅240×奥行き218×高さ1175mm、「本体」幅96×奥行き218×高さ473mm
質量:「スティック」2.5kg、「本体」1.9kg
充電方法:充電アダプター
付属品:すき間用ノズル、ペタすき間ノズル、ふとん清潔ノズル
市場想定価格:8万1000円前後

■関連サイト

カテゴリートップへ