このページの本文へ

自動的にiPhone内の音楽を整理して、ストレージ容量を確保!

2018年07月24日 10時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルによるサブスクリプション型音楽配信サービスの「Apple Music」。月額980円からという価格で、Apple Musicで配信されている音楽がすべて聴き放題となるため、音楽をよく聴く方には大変魅力的なサービスではないでしょうか?

 しかし、Apple Musicにはストリーミングだけでなく、端末にダウンロードしてオフラインで聴く機能もあるため、好きな音楽をどんどんダウンロードして行くと、知らないうちに容量がいっぱいになりがちです。

 iPhoneには、しばらく聴いていない音楽を自動的に整理してくれる機能があります。まず、設定から「ミュージック」へ進み、「ダウンロード」項目のうち「ストレージを最適化」というメニューを選択しましょう。「ストレージを最適化」スイッチをオンにします。

 「最小限の容量」という項目があるので、任意の容量を選択します。例えば「4GB」を選ぶと、4GBを残して、しばらく聴いていない音楽が自動的に端末から削除されます。4GBを選んだ場合でも、概算で800曲ほどは端末に残るので、それほど多くをダウンロードしない方は、4GBでも十分かもしれません。ただ、使い勝手を考えると、「16GB」か「32GB」あたりが妥当でしょうか。

 ついついストレージを圧迫してしまいがちな音楽ですが、この方法で、常に、一定の容量までしか音楽が端末に残らないようにできます。特に64GBストレージモデルを使っている方は活用してみてはいかがでしょうか?

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中