このページの本文へ

当時のユニフォームを再現した「西武ライオンズ」モデル:

「プロ野球人形 イレコミ君」25年ぶりに復活

2018年07月19日 16時45分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タカラトミーは「プロ野球人形 イレコミ君」を25年ぶりに復刻。第1弾として、「プロ野球人形 イレコミ君 西武ライオンズ」を9月7日からライオンズストアとライオンズストア オンラインにて販売します。価格は1490円。

 プロ野球人形 イレコミ君は、1988~1993年まで展開していた、ヘルメットを手動で下げてから持ち上げると「喜んだ表情」「怒った表情」「泣いた表情」「きょとんとした表情」の4種類の顔に変化させることのできる人形です。

 当時の朝の情報番組では野球コーナーのチーム応援人形として登場し、チームが勝利した際には喜んだ表情、負けた場合には泣いた表情、引き分けの時はきょとんとした表情など、表情を見ただけで前日の試合結果がわかる演出がされており、野球ファンに人気を博していました。

 25年ぶりに復刻版として登場するにあたり、金型を新造するなど一から設計をしなおし、当時のシルエットや表情が自由自在に変化するギミックを再現しつつも、最新の技術によって細部のディティールがより精巧になっているそう。

球団旗も付属。角度調整が可能

 背中につけているプラスチック製の球団旗は、角度調整が可能。本体サイズは、幅50×奥行き60×高さ80mm。販売店舗は後日オフィシャルホームページにて発表されるとのこと。

 復刻にあわせて、「プロ野球人形 イレコミ君 埼玉西武ライオンズ 40周年Ver.」(非売品)が、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドームの試合(2018年9月17日 対福岡ソフトバンクホークス戦)への来場者全員に配布されます。現在ライオンズの選手たちが着用している、レジェンドブルーカラーのユニフォームに身を包んだモデルとなっています。

「埼玉西武ライオンズ 40周年Ver.」(非売品)。左袖と背中の旗に40周年ロゴを配した“西武ライオンズ40周年”ならではのデザイン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ