このページの本文へ

メモリーはしっかり32GB、ストレージはM.2の500GB SSDと大容量3TB HDD

クリエイティブを快適に、Ryzen 7とQuadro P4000搭載ミドルタワーPC

2018年07月19日 19時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SENSE-R0X4-R72X-QVVI」

 ユニットコムは7月17日、Ryzen 7 2700XとQuadro P4000(8GB GDDR5)を搭載するクリエイター向けミドルタワーパソコン「SENSE-R0X4-R72X-QVVI」の販売を開始した。

 SENSE-R0X4-R72X-QVVIのCPUとGPU以外のスペックは、X470チップセット(ASUS X470-PRO)、32GBメモリー、500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)、3TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は32万3978円。

■関連サイト

カテゴリートップへ