このページの本文へ

DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ徹底大特集第13回

腕に装着したDieselOnに話しかけるだけ

ディーゼルの人気Wear OSスマートウォッチ「翻訳」が便利

2018年07月13日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
電源ボタンを長押しして、Googleアシスタント起動させる

 iPhoneやAndroidスマートフォンで利用できる、Wear OS by Googleを採用した「DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ」(以下DieselOn)で意外と使えるのが、翻訳機能。スマートフォンを取り出さなくても、腕に装着したDieselOnに話しかけるだけで、外国語に翻訳してくれるので便利です。

 DieselOnの翻訳機能の使い方は、大きく分けてふたつあります。ひとつはGoogleアシスタントを使う方法。DieselOnでは、本体右側面中央にある電源ボタンを長押しすると、Googleアシスタントが起動します。

設定は電源タンを押すと表示されるアプリ一覧にあるもしくはウォッチフェイスを下方向にスワイプした、歯車アイコンをタップすると設定アプリが起動する

 また設定から「カスタマイズ」にアクセスして、「OK Googleの検出」をオンにすると、電源ボタンを長押ししなくても「OK Google」や「ねえGoogle」と話しかけるとGoogleアシスタントは起動します。

設定の項目にある「カスタマイズ」をタップ「OK Google」の検出をオンにしておく

 あとはGoogleアシスタントに、翻訳を聞くだけ。たとえば「お箸を英語で教えて?」と、話しかけて聞くと「お箸 日本語 chopsticks 英語」と回答してくれます。英語以外の言語にも対応しているので、翻訳して欲しい単語と言語を聞けばオーケー。

DieselOnに聞くだけで教えてくれる
タイ語など英語以外の言語にも対応している

 Googleアシスタントは単語の翻訳には便利ですが、外国語での会話にピッタリなのが「翻訳」アプリです。まずは電源ボタンを押してアプリ一覧を呼び出し、翻訳を起動させます。もし翻訳アプリがない場合は、Playストアからダウンロードしましょう。

翻訳はプリインストールアプリなので、基本的にはアプリ一覧にあるはず

 翻訳アプリを起動させると画面左右に言語、画面下部にマイクボタンが表示される画面に切り替わります。左側の言語が音声で入力する言語で、右側が翻訳として出力される言語です。また中央のボタンをタップすると左右の言語を入れ替えできます。

翻訳アプリのメイン画面。左の言語を音声入力して、右の言語にテキストで出力される真ん中のボタンをタップすると、左右の言語が入れ替わる

 使い方はGoogleアシスタントと同様で、マイクボタンを押して翻訳したい単語や文章を話しかけるだけ。おもしろいのが、手首を外側に回すと表示が天地逆になり、翻訳されたテキストだけが大きく表示されます。

マイクボタンを押して話しかけると、翻訳が表示される
腕を外側に回すと、翻訳だけの表示に切り替わる言語をタップすると、対応する言語が一覧で表示される


 つまり翻訳してから話している相手にDieselOnを向けると、相手が見やすいように表示が変わるわけです。入れ替えボタンを押せば翻訳言語の切り替えもスムーズなので、交互に音声入力で翻訳しあうのもラクチンです。

 翻訳可能な言語も数多く対応しているので、たいていの国で利用可能。利用時はWi-Fi、もしくは連携しているスマートフォンでのインターネット接続が必要ですが、スマートフォンを取り出さずに翻訳できるのは手軽で便利。この夏、海外に渡航予定のあるDieselOnユーザーは、あらかじめ使い方をマスターしておきましょう!


※この記事は、以下の端末とOSで検証して作成しています。
●DieselOn:Wear OS by Google 1.3
●Xperia XZ Premium:Android 8.0.0/Wear OS by Google:2.13.0.199332111.gms
●iPhone 7 Plus:iOS 11.4/Wear OS by Google:v3.2.57.1ROW



カテゴリートップへ

この連載の記事