このページの本文へ

最新のdynabook Vシリーズの特徴と採用面接を受ける有村さんのアピールポイントがリンク

有村架純さんを働き方改革推進室室長に任命、dynabook新CM発表会開催

2018年07月10日 18時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TOSHIBA dynabook 新CM記者発表会が開催され、CMに出演する有村 架純さんが登壇

 東芝クライアントソリューションは7月10日、TOSHIBA dynabook 新CM記者発表会を開催。CMで採用面接を受ける志望者役を演じた女優の有村 架純さんが登壇した。

冒頭では東芝クライアントソリューション株式会社 代表取締役社長の覚道 清文氏が登壇。シャープとの連結子会社になる譲渡契約について振り返った。なお、発表会後の質疑応答では、国内マーケティング部部長の荻野 孝広氏が登壇し「今後も今までどおりサポートや製品を提供するほか、当面は東芝dynabookとして事業を展開していく」と述べた

 新CMでは、最新のdynabook Vシリーズの特徴を、採用面接を受けている有村さんのコメントをフックに訴求。例えば、面接官の質問に対しての有村さんの答えが「強みは人を見る目」の場合は、赤外線顔認証(サインイン)、「アピールポイントはタフなところ」の場合は高い堅牢性など、有村さんの面接で語るアピールポイントとdynabookの特徴がリンクする内容になっている。


有村さんをダイナブック事業部 働き方改革推進室 室長に任命
「任命していただいて光栄です」

 発表会では、同社の常務執行役員 国内事業統括部 統括部長の影山 岳志氏が登壇し、有村さんを「ダイナブック事業部 働き方改革推進室 室長」に任命。有村さんは「企業に勤めたりしていないので、働き方改革を実感することは少ないのですが、このような役目に任命していただいて光栄です」とコメントした。

有村さんはCMについて「ちゃんとポイントとなるワードをしっかり印象付けられたかなと思います」とコメント影山氏はCMについて「dynabookのPRしたいポイントをわかりやすく説明できていると思います。有村さんを起用して大正解です」と太鼓判を押した

 また、撮影時の出来事について「面接官役の方々と、アイコンタクトで頑張ろう! と目で会話したのを覚えています」と回答。また、CM内でアピールする人を見る目について「お芝居で相手の表情を読んだりするので、普段の生活から意識はしています」と述べた。

 新CMはdynabook.comで閲覧可能だ。加えて、有村さんからのメッセージやメイキングシーンも公開。気になる方は、ぜひチェックしてみてほしい。

同社は発表会と同じ会場で、セミナーや同社のパソコンなどの製品ラインアップやソリューションの展示などを実施する「TOSHIBA dynabook Day 2018」を開催。展示会場には「dynabook J-3100」も展示してあった
7月9日に発表した2 in 1ノートパソコン「dynabook D83/J」も展示してあった
そのほか、普段はみられないノートパソコン内部を確認できるスケルトン展示や分解展示も

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー