このページの本文へ

働き方改革、とりあえず通勤ラッシュを避けた時間差通勤から

東京で働く女性は「朝型勤務」に高い関心

2018年07月06日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
朝時間.jp ユーザーアンケート調査(2018年5月実施)

 アイランドは7月6日、都内で働く女性の「朝型勤務」への関心は全国平均より高いとの調査結果を発表した。

 アイランドが運営する朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」内にてユーザーアンケートを実施したもの。「働き方改革」が注目されるなか、とくに都心に勤務する有職女性は通勤ラッシュを避けて「朝に前倒しで働いて早く帰宅をしたり、仕事の効率化を図りたい」と考える人が多いようだ。

 朝時間.jpでは、これらの読者の働き方改革意識の高まりを受け、東京都が主催する通勤ラッシュ緩和を目指す「時差Biz」に参加。7月9日から実施される夏の集中取組期間に協力するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ