このページの本文へ

スマートウォッチの便利な使い方 講座第11回

運動の継続とモチベーション維持に

人気スカーゲンのハイブリッド スマートウォッチはダイエットにもオススメ

2018年07月06日 07時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ

 iPhoneやAndroidスマートフォンに対応している、ハイブリッド スマートウォッチは「歩数計」と「目標トレッキング」機能を使うと、ウォーキングやエクササイズを記録でき、運動の継続とモチベーション維持に役立てられます。

 今回は、「歩数計」と「目標トレッキング」機能の設定方法を紹介します。

「アクティビティトラッキング」画面の右上のメニューから「歩数目標を変更する」をタップスクロールして1日の歩数目標を選択し、「保存」をタップ

 まず「Skagen Connected」アプリを起動して、歩数計の目標値を再確認しましょう。ウォッチのセットアップ時に設定済みのはずですが、歩数目標を変更する場合は、「アクティビティトラッキング(歩数計)」の画面で設定します。

「目標トラッキング」を開き、中央の「+」をタップ

 歩数目標の達成率がウォッチのサブダイヤルに表示されます。1日の歩数が目標を超えると、バイブレーションで知らせてくれます。エクササイズを記録するには、「目標トラッキング」から設定します。

「目標を追加」で「エクササイズ」を選ぶ実行する頻度(ここでは30回/毎日)を選択し、「完了」をタップ「次回」をオンにして、期間を選択(ここでは4週間にセット)。「チャレンジ開始」をタップすると目標が設定される

 目標トラッキングには「水を飲む」と「エクササイズ」が、用意されています。たとえば、ストレッチやスクワットなどのエクササイズを1日30回やると決めたら、1日の回数を「30」に設定します。

「目標を追加」の画面で「カスタム目標を作成する」を選び、目標の名称と頻度、期間を設定する

 なお、カスタム目標を作成して、スクワット100回/日、ランニング50㎞/週など、好きな目標を設定することもできます。

「デバイスのカスタマイズ」で変更したいボタンの右側にある「編集」をタップ(ここでは3時位置のボタン)「目標トラッキング」を選択して、「設定」をタップ

 次に、ウォッチのボタンを押してカウントできるように、ボタンの機能をカスタマイズします。

 これでウォッチのボタンを押して、エクササイズをカウントすることができるようになりました。期間を設定しておくと、カレンダーに目標達成率が記録されるので励みになります。健康なボディーを目指してがんばって続けていきましょう!

※この記事は、ハイブリッド スマートウォッチ「SKAGEN HAGEN CONNECTED」、スマートフォン「HUAWEI P9 lite」(Android 7.0/Skagen Connected 1.13.1)で検証し、作成しています。


カテゴリートップへ

この連載の記事