このページの本文へ

Googleスピードアップデート「とても遅いサイトのみが影響を受ける」と改めて発言

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2018年07月03日 17時10分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

昨日、Googleスピードアップデート(モバイルページの読込速度評価に関連するアルゴリズムの更新)についてページ速度の改善が検索順位の改善につながる可能性がある旨の記事(関連記事:Google Speed Update、読込速度改善で検索順位上昇も)を公開した。このハングアウトの Google のジョン・ミューラー氏の発言について、同氏が補足説明をツイートしている。私の解釈とは異なる意図だったようなので、情報を訂正するとともに改めてミューラー氏の発言を整理する。

To clarify on the mobile speed update: a) this only affects the slowest sites, b) those can incrementally improve (though ideally you'd significantly improve the speed...), c) we're still aiming for this month. If your site is reasonably fast, tweaking won't change things.[JJohn Mueller, Google, July 3, 2018]

「(スピードアップデートは)低速なページのみ影響を受ける」「低速なページは段階的に評価する」「スピードアップデートは今月のリリースを目指している」「サイトが十分に速いのであれば、改善しても変化はない」ということ。

つまり、2010年に実施されたデスクトップPC のページ読込速度と同様に、とてもスピードが遅いサイトが影響を受ける(検索順位が下がる)類いのアルゴリズムであり、速いほど順位が上がる性質のものではないということだ。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く