このページの本文へ

ネットワークやFeliCa対応がキャリア機並! SIMフリースマホ「HTC U12+」をチェック

2018年06月30日 14時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HTCの2018年の看板モデル「HTC U12+」。昨年の「HTC U11」はau/ソフトバンクで発売されてから、SIMフリーでリリースという形だったが、今年は最初からSIMフリー機として登場することになった。発表会での写真を中心にレポートする。

HTCの最新ハイエンドモデル「HTC U12+」が、SIMフリーで、かつおサイフケータイ対応で登場!

文句なしのハイエンド機の性能
SIMフリーなのに強力なネットワーク対応にFeliCaも

 最新フラグシップ機だけに、その内容は今夏のハイエンドモデルとしてふさわしい内容となっている。ディスプレーはノッチが付かない18:9の6型液晶ながら、Snapdragon 845に6GBメモリー、128GBストレージと文句なし。

特に美しいのがこのフレーム レッドのカラバリ。側面に近い部分が金色に見える不思議なカラバリだ

 注目はやはりカメラで、ピクセルサイズ1.4μmの大型センサー(12メガ)と、2倍ズームの16メガの組み合わせ。デジタルズームで10倍ズームにまで対応する。インカメラも8メガ×2という強力さだ。カメラ性能を測定するDxOMarkのスコアでは、Galaxy S9やiPhone Xなどを上回る102点となっている(HUAWEI P20 Proは109点)。

角度を変えると筐体色の見え方も変わる。リアカメラは標準+望遠のデュアル
側面の電源/ボリュームキーは出っ張りこそあるがタッチ式となっているのがちょっと変わったところ。USB端子はもちろんType-C
インカメラもデュアルだ

 ネットワーク周りも強力。下記のスペック表を見てもらえればわかるように、SIMフリースマホではあまり見られない1.5GHz帯や3.5GHz帯を含めて、対応バンドが非常に豊富であるほか、5波のキャリアアグリゲーションまでサポートしている。本来はキャリアからのリリースを望んでいた? という想像までできてしまう。ただし、DSDSには対応していない。

DSDSには非対応。そもそもデュアルSIMでもないようだ

 本来は国内キャリア向け? と思わせるもう1つの要素が、SIMフリースマホにも関わらず、おサイフケータイが利用できる点。また、IP68の防水・防塵にも対応している(防水・防塵対応は海外版も同じ)。

 本機独自の機能となると、端末を握って操作する「エッジ・センス」が第2世代に進化。「短く握る」「長く握る」に加えて、「持つ」「ダブルタップ(側面を2回タップする、左右どちらでも可)」にも対応した。

エッジセンスは短く or 長く握る以外に2回タップする操作も可能になった

 カラバリは海外モデルと同じトランスルーセント ブルー、セラミック ブラック、フレーム レッドの3色が用意されている。

こちらが話題のトランスルーセント ブルー
背面全体ではなく、カメラや指紋センサーの部分だけが半透明になっており、中の配線などが見えるようになっている。前面はこちらも黒
つづいてはセラミック ブラック。FeliCaマークもカメラの近くに見える
硬質感がある黒で、こちらもなかなか魅力的

 価格は公式オンラインストアで税抜9万5000円。確かに高価ではあるが、完全なハイエンド機の性能で、おサイフケータイにも対応していることを考えると妥当なところだろう。なお、本モデルではECサイトやMVNOのセットモデルなどでも提供される予定となっている。発売日は7月20日。

発売日は7月20日と少しだけ先!
「HTC U12+」の主なスペック
ディスプレー 6型液晶(18:9)
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約73.9×156.6×8.7~9.7mm
重量 約188g
CPU Snapdragon 845 2.8GHz+1.7GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0(+HTC sense)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/11/12/13
/18/19/21/26/28/38/41/42
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19、4バンドGSM
CA対応 ○(5CC CA)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ(標準)+16メガ(望遠)
/イン:8メガ×2
バッテリー容量 3500mAh
防水/防塵 ○/○(IP68)
生体認証 ○(指紋、顔)
SIMスロット nanoSIM
USB端子 Type-C
カラバリ トランスルーセント ブルー、セラミックブラック、フレーム レッド
価格(税抜) 9万5000円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン