このページの本文へ

ナベコのチェーン居酒屋巡り「ナベログ」第12回

ナベコのイチオシメニューは「特大縞ほっけ」

「はなの舞」は飲み放題付けるとお得! 牡蠣や刺身との相性最高でお酒が進む

2018年06月29日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回行ってきたのは「はなの舞」です!

 アスキーのグルメ担当ナベコです。この連載では、全国各地にチェーン展開している居酒屋を取材し、おすすめメニューなどを紹介します。通常のグルメレポートと異なるのは、料理やお酒などドリンクメニューの紹介以外にも、どういったお店なのか店内状況に至るまで、実際に利用する人目線でお届けします!
※あくまでもナベコが取材した店舗を基に記事を作っています。同じチェーン店でも店舗ごとによって環境が異なる場合もございます。予めご了承くださいませ。

 チェーン店はメニューが豊富だったり、値段も比較的安価だったりと利用する機会が多いですよね? ただ、意外と困るのが「公式サイトなどではわからないこと」もあるという点。たとえば、お箸が割り箸なのか、おしぼりはタオルなのか、などなど。飲み会などのシーズンでは、幹事を務める人が出席する人の要望にできる限り応えるという使命が(たぶん)ありますよね。そういうときに役立つような情報も本連載で紹介します。

 今回ご紹介するのは「はなの舞」。全国的に展開する海鮮居酒屋チェーンなので、見かけたことがあるという人も多いはず。海鮮居酒屋といってもいろいろありますので、いったいどういうところが魅力なのか、チェックしてきたいと思います。

店舗情報
「はなの舞」
公式サイト:https://www.chimney.co.jp/shop/information/hana/
料理ジャンル:海鮮
看板メニュー:「刺身7点盛り(2貫盛り)」(1490円)、「特大縞ほっけ」(890円)などなど

ビールやウイスキー「シーバス」なども頼める単品飲み放題が1500円

ジョッキには「はなの舞」のロゴが入っています

 とある平日の20時すぎごろ、都内某駅前の「はなの舞」に行ってきました。飲みにいくのが楽しみすぎてこの日はあまり仕事にならなかった、というのは置いておいて……。時間的に、ちょうど多くの人が「飲みにいこう」というタイミングだったのでしょう。お店に着いたときにはほかのグループもはなの舞に流れ込むところでした。予約はしていなかったのですぐに座れるか不安になりましたが、座席数が多いからでしょう。スっと案内してもらえてホッとしました。

 さて、お酒はなにを頼もうかな!

 最近、気がついたことがあります。私はお酒いつも5杯以上飲むので、単品で飲み放題をつけられるなら、確実に飲み放題のほうがオトク。ですが、コースなしで飲み放題ができるお店は限られています……。はなの舞で店員さんに訪ねてみたところ、はなの舞では単品飲み放題、やっていました。ナイス!

 はなの舞の飲み放題は生ビールを含む50種以上のお酒を頼めて、1500円。2時間制。条件は、料理をひとり3品以上頼むこと。

ビールが対象であることや、サワー系が充実しているのはもちろん、焼酎も品揃えがあるのがポイント!

 条件反射的に飲み放題にして、まずは生ビールをオーダーしました。「とりあえず生で~!」。

「キリン一番搾り生(中)」

 はなの舞のビールはキリンの一番搾りでした。はなの舞オリジナルジョッキでしたよ。黄金色のビール、おいしそう!!

ビールはいつ見ても美しいですね……。スマホの待ち受けにしてもいいくらい

 お決まりで、ビールの液体と泡の比率を測っています。今回のビールは、液体12㎝に対して泡が2cmでした。理想の液体と泡の比率は7:3と聞いたことがあるので、もしかしたらちょっと泡が少ないのかも。ただし、泡は比率こそ少なくても、粒がきれいなこんもりした状態。これもなかなか良いのではないでしょうか。

泡はふわふわです。量は少ないけどふわふわなのは評価するべきポイント

 カンパーイ! ビール最高です。このために生きてるっ。

酒……飲まずにはいられない……!

 はなの舞の飲み放題の目安は4杯以上注文すること。生ビール中ジョッキを飲み放題ではなくふつうに頼んだとしたら、価格は480円。また、サワーなどは400円台のものが多いので、お酒を4杯以上飲むのであれば飲み放題がオトクです。

 ただし、料理をひとり3品以上頼まなくてはいけないという条件があるので、あまりお腹が空いていない、という時にはちょっと考えたほうがいいかもしれません。おつまみは少なくてもいいけど、お酒をたくさん飲みたいという時ありますよね。そんな時は、ひとり3品の料理が多く感じるかも。その時のお腹具合に応じてシミレーションしてみましょう。

今回は延長をしなかったんですけど、「30分400円」の延長ってかなりお得では? 飲むペースにもよりますが、延長時に30分で2杯飲めば1杯あたり200円!

 飲み放題の内容や実施の有無は店舗によって異なる可能性があります。気になった人はお近くの店舗で問合わせてみてください。

 はなの舞にはお通しが付きました。価格は300円。この日のお通しは、彩りきれいなお惣菜の3種盛りでした。3種もあるので見た目が華やか!

「お通し」(300円)

 ゴボウサラダはコリコリとした食感。なすの煮浸しは上品なおだしの味。イカ、オクラ、ワカメはねっとりとした食感が楽しい。いずれも和のお惣菜でしたよ。お通しは1種だけのケースが多いですが、3種もあるとちょっとずつ味を楽しめて、気持ちが豊かになりますね。飲み放題がはかどってしまいます。

タブレットがないぶん店員さんが親切! 手書きのオススメメニューがサプライズ

お店に入ると「いけす」がありました

 店内の雰囲気も伝えていきますよ。照明は少し暗くなっていて、居酒屋らしい落ち着いた雰囲気。テーブル席に通されたのですが、仕切りがあるためプライベート感があります。完全に個室ではないですが、隣の席とは距離感があるため、デートの用途や仕事の話などをあまりおおっぴらにしたくない、という時にも利用できます。

 なお、フリーWi-Fiも完備されていました! 多少薄暗くはありますが、飲みながらパソコン仕事もできなくはないでしょう。居酒屋では仕事は気にしたくないですが! インスタグラムに投稿するなどのときにでも使うといいのではないでしょうか。

英語表記があるのもミソで、海外からのお客さんを意識しているのでしょうか。こういう気配りってかなり大事だと思います

 おしぼりは、タオル制のものを店員さんが手渡ししてくれました。やはり、タオルのおしぼりだとリッチな気分になります。お箸は木製で、使い捨てではないものでした。

おしぼりです

 チェーンの居酒屋だと、専用のタブレットから注文するシステムのところが多いですが、はなの舞にはオーダー用のタブレットがありませんでした。なので、注文はすべて店員さんに直接声かけます。忙しそうな時間帯でしたが、店員さんは必ず笑顔で、素早く対応してくれました。ありがとうございます!

 「お!」と思ったのは、グランドメニューのほかに手書きの「本日のおすすめ」メニューがあったこと。限定メニューや、その日ならではのオトクなメニューを紹介していました。チェーン店なのに、日毎のサービスがあるのはサプライズでうれしいです。たまたま、この日はワールドカップの日本戦の日。そんなことも書かれていて、店員さんとの距離の近さを感じました。

曜日ごとに「イベント」と称して特別メニューがあるのもうれしい!

 なお、卓上には灰皿がありませんでしたが、ほかの席をみると喫煙している人がいたので、分煙は特にないようでした。

はなの舞に来たなら料理は海鮮“攻め”! お刺身盛りには珍しいものも

 はなの舞は海鮮居酒屋。そこで、ご自慢の海鮮を攻めてみました。海の幸ばんざい!

 この日は、手書きのメニューによるところの「火曜日イベント」の日。特別に、刺身5点盛りの価格で7点盛りが頼めるとのこと。オトクなので、迷わず注文しました。頼まない選択肢はなかったです。

「刺身7点盛り(2切れずつ)」(特別価格1290円)

 この日のお刺身は、カンパチ、サーモン、イシモチ、イナダ、イサキ、マグロ、赤エビでした。お刺身の内容はシーズンや仕入れによって変わるようです。

 ちょっと驚いたのは「イシモチ」。イシモチはカマボコに使われることが多い魚ですが、お刺身で提供されることは珍しいです。たんぱくな味わいなのですが、名前に「モチ」がつくだけに、食感は、ねっとり、むっちり。クセになります! イシモチは鮮度の落ちが早い魚らしく、おいしい刺身を食べられるのはなかなかない機会!

めちゃめちゃ脂乗ってて本当においしい! おなかすきますね……

 ほかのイナダ、カンパチ、などもうまみが濃く満足できました。赤エビはプリッとした弾力ととろみがあってミソまですすっていただきました。海鮮がしっかりおいしくて、舞ってしまいます。

エビのミソがミソなんです。いや、ダジャレとかじゃなくてミソなんです。おいしいんですよ!!

 公式サイトを見たところ、お刺身用に仕入れている魚介は独自の流通ルートで、温度管理も気を配っているとのこと。また、料理長が自ら腕をふるうそう。確かに、チェーン居酒屋とは思えないほどレベルの高いお刺身だと感じたので、職人技による質の良さというのは納得です。

獲物を狙うナベコの図(左手にビールバージョン)

 珍しい「鯨」のメニューもあったので、頼んでみました。鯨の「すじ」(筋肉)を丁寧に下処理してポン酢で和えたという一品。ぷりっとして独特の噛み応えでした。ポン酢との相性がよく、日本酒や焼酎に合います。

「鯨のすじポン」(430円)

 あとで知ったのですが、鯨のすじは東京ではめったに扱っていないそう。そんな貴重な食材も食べられるなんて、はなの舞スゴイです。

 海鮮がおいしいお店であれば牡蠣もハズレはないはず。そこで、活〆牡蠣を注文! ニュージーランド産の牡蠣です。なんでも、ニュージーランドの牡蠣は検査基準が徹底されていて、世界で一番安全と言わているそうです。

「ニュージーランド産 活〆牡蠣」(330円)×2

 大きくて、ぷってりした牡蠣の身。これだけの大きさでひとつ330円とは手頃です。レモンを搾って、ジュルジュル~っといただきました。ああっ。もう、牡蠣のエキスがたまらないっ。口の中に海の潮を感じました。

ぷりっぷりの牡蠣です

 暖かい季節になりますが、大手のチェーンなので安全性も高いでしょう。夏に牡蠣を食べたくなったら、はなの舞に来るのは手かもしれません。

せっかくなので寄りの写真も撮影しました。牡蠣好きです

 海鮮攻めをしてましたが、脂がのった揚げ物も食べたくなってきました。そこで、「唐揚げ」も注文。添えられているレモンはお好みで。

「鶏唐揚げ」(490円)

 唐揚げはひとつひとつが大粒。衣は、カタクリ粉で少し白くなっているタイプのものでした。食べると、サクッとして、アツアツ、ジューシー。ショウガの風味がきいており、お弁当屋さんで揚げているような和風の唐揚げです。わかってました~、おいしいって! 海鮮が売りの居酒屋ですが、定番の料理もはずしません!

 箸休め感覚で「しらすおろし」も。大根おろしの上にたっぷりとしらすがのっています。私はしらす大好き! ほっと、落ち着きますよね……。

「しらすおろし」(390円)

シーバスのミズナラエディションも飲み放題ってスゴイでしょ!!

海鮮料理にも酒です

 飲み放題なので、お酒もガンガン頼んでいきます!

 飲み放題のレモンサワーは「塩レモン」。少し塩味が効いていることでさっぱりとしているのに甘味が引き立ち、とても飲みやすかったです。飲み放題ではない通常のメニューには、「生搾りレモンサワー」「つぶつぶ広島レモンサワー」などがあり、レモンサワーにはこだわりがあるようですよ。

「ガツンと塩レモンサワー」

 なんと、飲み放題対象メニューの中に「シーバス ミズナラ 12年」がありました。「シーバス リーガル」が有名なスコッチウイスキー、シーバスですが、このミズナラエディションは日本限産のミズナラ樽を使っており、日本人向けに仕上げたものです。普通に頼むと、シングル480円、ダブル680円。飲み放題なら、ダブルも頼み放題です。かなり、オトクです。

「シーバス ミズナラ 12年(ダブル)」

 私はストレートでいただきました! バニラのような甘くうっとりする香りで、口に含むと、モルトの風味が滑らかに入ってきます。あと味は、ほんのりウッディで、すばらしい味わい。まさか、飲み放題の対象だなんて。ウイスキー好きの人は注目です。

シングルでもダブルでも同じ扱いなのが飲み放題の魅力

 スコッチウイスキーにちょっとばかしガツンときたので、甘めのお酒にいったんシフト。注文したのは赤ぶどうサワー。赤ぶどうサワーは、赤ぶどうの豊潤な味わいがするのに、甘ったるい感じがせず、バランスがいいです。

「赤ぶどうのサワー」

 仕事で疲れた……という体裁なので「お疲れさんハイボール」を注文。ブラックニッカハイボールにクエン酸の酸っぱさが加わっています。ウイスキーの風味が抑えられていて、飲みやすさとしては抜群。グビグビ飲むのに向いています。

「お疲れさんハイボール」

 ハイボールが充実しているので、一刻者ハイボールもオーダー。京都、宝酒造の「一刻者」は、麹まで芋麹を使用した芋100%の焼酎。芋焼酎ならではのふくよかな香り、味わいとともに、ハイボールにすることで爽やかに花開きます。飲みごたえがあるのに、飲みやすい。これもまたバランスいいです。

「一刻者ハイボール」

 海鮮なので最後は日本酒で。「清酒 徳利(小)」は少し甘めで食事に合います。ビールにウイスキー、日本酒まで飲めてはなの舞は最高ですね。

「清酒 徳利(小)」
日本酒はおいしいけど、目がうつろに……

ナベコオススメメニューは「特大縞ほっけ」

「特大縞ほっけ(ハーフ)」(490円)(※酔っぱらってしまって、写真が見切れてしまってます……)

 私のイチバンのオススメは「特大縞ほっけ」! 一尾の開きと、ハーフサイズがあったのですが、今回はハーフサイズを選びました。肉厚で脂の乗りが抜群。箸で身を掴むごとにジュワッとあふれる脂がたまりません。

 居酒屋さんのほっけは、お店によっては「ちょっとうま味が抜けているな」と感じることもありますが、さすが海鮮居酒屋、うま味が濃くておいしかったです。

刺身も本当においしかったんですけど、焼き物が格別の味! これ、みんなで食べられるのではなの舞に行った際はぜひ注文してみてください!

 ご飯のおかずにしても進みそうだなと感じました。今回の記事とは直接関係ありませんが、はなの舞は店舗によってはランチもやっているようです。焼き魚定食などもあり、期待できますよ。

はなの舞は海鮮が本当においしい! 飲み放題の質も良く大満足だった

 はなの舞の感想は、本当に、ちゃんと「海鮮がおいしい」というので、満足。刺身には珍しい魚もあり、魚介へのこだわりを感じます。
 それでは最後に、はなの舞のポイントをいくつか紹介します。

お酒を飲みつつも海鮮料理を満喫したい人向け!

 海鮮料理を扱う居酒屋チェーン店はほかにもいくつかありますが、はなの舞はほかのチェーンでは珍しい料理に出会えたのが高評価。しかも、刺身も脂がのっていて非常にお酒が進みます!

 焼き料理や揚げ物なども非常においしく、かなり満喫できます。それこそ、私たちは飲み放題をオーダーしているのでお酒を飲むことがメインですが、「食事をする」ということに重きを置いての利用でも満足できそうです!

お手洗いは広いけど数が少ない

 取材に行ったはなの舞だと、お手洗いは男女こそ別かれていましたが、個室がひとつずつでした。チェーンの居酒屋だと複数個室が用意されていることもあるなかで、充実はしていませんでした。ただし、個室の中は広くて清潔で、落ち着けましたよ。

海鮮料理でも飲み放題つければ1人3800円程度

 価格は、2人でいって、料理7品、お酒9品で7698円(税込額)でした。お酒は、日本酒徳利、ウイスキーダブルなども頼みました。1人あたりだと3800円ですが、盛り合わせなども注文したため若干お値段がかさんでしまいました……。ただ、盛り合わせなどでなければもっと安く済ますことも可能ですし、4,5人でそれぞれ3品ずつ注文し、シェアしながら食べればかなりお得なはず!


はなの舞を使えそうなシチュエーション
・海鮮料理が好きな人
・お酒もいっぱい飲みたいけど、料理もちゃんと味わいたい人
・というよりも、お魚をいっぱい食べたい人!
・4人以下の飲み会
・料理の写真を撮影するのが好きな人


■「はなの舞」で好きなメニューを教えてください

 みなさんは「はなの舞」に行くとなにを頼みますか? ナベコTwitter(@wagomunabe)に教えてください。Facebookもやっています!


ナベコ

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。
ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、レモンサワー、ホッピー、アルコール全般が大好き。お酒に合う塩分高めの食事も。
「アスキーグルメ」でおいしい飲食情報を発信中!

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!