このページの本文へ

薬物乱用などの患者に使用、依存を防ぐ

中国で広がるVRヘッドセットの治療向け利用

2018年06月29日 17時58分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VR治療を報じるChina News Service

 中国では薬物依存症からの回復にVR技術を活用する施設が増加しつつある。上海にある青東(Quingdong)リハビリテーションセンターは、薬物依存症患者にアイトラッキング機能の付いたVRヘッドセットを装着させ、目の動きや心拍数から薬物依存の度合いを測っているという。

 これはChina News Service(中国新聞社)などが報じたニュース。VRで様々なシーンを体験させ、患者に薬物がいかに健康を害するのかを映像で体験してもらい、薬物乱用への欲求を抑えていく。リハビリテーションセンターのZhao Min氏によれば、「これまで個々の患者の薬物依存の程度を測り、個人に適したプログラムを組むのは難しかった。しかしVRを使ったシステムがあれば、(依存の程度を計測することで)実現できる」としている。

 上海には、VRを活用する薬物依存症患者のリハビリ施設が全部で3ヵ所存在する。青東リハビリテーションセンターでは2017年6月以来、およそ900人の薬物依存症患者がVRシステムを利用しており、実際に効果を上げているという。また、日本でも福岡県による取り組みなどが行なわれている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!