このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スリムAVアンプやネットスピーカー、ヤマハがオーディオ機器5製品を一斉発表

2018年06月26日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ヤマハは6月26日、ワイヤレススピーカーやサウンドバー、省スペースAVアンプなどを発表した。

5.1chシステムのリアスピーカーにもなる
ワイヤレススピーカー

「MusicCast 50」
「MusicCast 50」

 8月上旬に投入する「MusicCast 50」(WX-051、予想実売価格 6万5000円前後)、「MusicCast 20」(WX-021、同3万2000円前後)は、無線LANとBluetoothに対応したワイヤレススピーカー。

 同社のワイヤレスオーディオ技術「MusicCast」に対応し、AVアンプやサウンドバーのリアスピーカーとしても機能する。また、2つ揃えることでステレオ再生も可能だ。

 AmazonのAI機能である「Amazon Alexa」に対応。「Amazon Echo」などと組み合わせて音声操作が可能となる。なお、2015年以降のMusicCast対応製品はすべてAmazon Alexaに対応するとのことだ。

MusicCast 50の天面は木目調もしくはグロス加工。インターネットラジオなどの音源を1発で呼び出せるボタンも3つある
MusicCast 50の内部構造。後方にバスレフポートを装備 MusicCast 50の内部構造。後方にバスレフポートを装備

 MusicCast 50は横長の楕円形デザインで、天面は木目調またはグロス仕様となっているのが特徴。

 内部にはツィーター(×2)とウーファー(×2)に加え、バスレフポートも搭載。低音を豊かに再現できる。

MusicCast 20。内部には左右にパッシブラジエーターを搭載する

 MusicCast 20はコンパクトな円柱型スピーカーで、ツィーターとウーファー(モノラル)に加えてパッシブラジエーター×2を搭載。バスブーストモードもあり、迫力のある重低音を再生できる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン