このページの本文へ

パソコンを快適に使えるソフトも多数

ノートPCの内蔵ソフトで写真・動画編集、意外と細かくできてビックリ

2018年06月23日 10時00分更新

文● 柴田尚 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIFEBOOK WA3/B3」

 富士通のパソコンのプリインストールソフトを紹介する本記事。前回は15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK WA3/B3」にどんなプリインストールソフトが入っていたかをざっと紹介したが、今回はその中でもとくにオススメだと感じたソフトを実際に使ってみた。

写真編集が手軽にできる「PaintShop Pro X9」

Corel PaintShop Pro X9 for FUJITSU

 まずは、写真編集ソフトの「Corel PaintShop Pro X9 for FUJITSU」。最初に起動すると、各種機能のチュートリアルへアクセスできるウィンドウが開く。PaintShop Pro X9は意外と多機能なので、これはとても助かった。また、ここで各種プラグインの購入や、上位版への有償アップグレードなどもできる。

「管理モード」。左上のナビゲーションエリアから開きたい写真のフォルダに簡単にアクセスできる。この状態から写真のEXIF情報などが参照できるほか、TwitterやFacebookなどへの投稿も可能
写真を補正したりインスタント効果を実行したりできる「調節モード」。左側にある「スマート調整」エリアには、明るさやハイライトや彩度などを簡単に補正できるスライダーが配置されている。右のエリアのインスタント効果では、ワンクリックで写真に様々なエフェクトがかけられる
調節モードのインスタント効果で、写真をフィルム調にしたあと、セピア弱の効果を加え、古い写真風に仕上げてみた
「編集モード」は、選択ツールやレイヤー、ブラシといった細かいレタッチが可能だ

動画編集もお手の物「PowerDirector 15」

CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSU

 次に、「CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSU」で動画編集を試してみた。起動するとオーソドックスな動画編集が可能な「フル機能エディター」、ウィザードに従って選択するだけでムービーが作れる「イージーエディター」、視界が360度のバーチャルリアリティービデオが作成できる「360°エディター」の3つがメインモードとなる。

起動した時に表示される各種モードの選択画面

 CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSUの基本であるフル機能エディターでは、タイムラインに自在に動画を配置したり、切り貼りも可能など、ソフトに搭載されたすべての機能が使える。

切り貼りやエフェクトといった作業が右クリックからのメニューで簡単にできる

 イージーエディターなら、動画編集に詳しくなくてもウィザードに従って選択していくだけで動画編集が可能だ。

まず使用したいムービーや画像ファイルを選択する
次はどういったスタイルを使うか選択。とりあえず多数あるスタイルを1度試してみて、実際にどういう内容になるのかいろいろ確認してみるといいだろう。ここでは「メモリーフィールド」を使用する
ムービーに追加するBGMを選び、さらにミキシングレベルやムービーの長さを調節する
プレビューで実際にどうなるのかを確認。気に入らない部分があれば、戻って調節しよう
調節が終われば、動画をファイルや各種デバイスに出力するか、ネットにアップロードできる。メニューをつけてDVDへの書き込みも可能

 ちなみに今回試用しているLIFEBOOK WA3/B3は、写真加工も動画編集もレスポンスが良好で使いやすかった。CPUにCore i7-8550Uを、ストレージにSSDを採用しており、十分性能を発揮してくれているからだと考えられる。

ほかにもユーザーを助けてくれるソフトが山盛り

 ここまで紹介したもののほかに、パソコンを定期的に診断して問題を発見したら解決策を教えてくれる「PCカルテ」や、同社が提供するソフトを常に最新の状態にしてくれる「アップデートナビ」、ジャンルや目的からやりたい作業に適したソフトを教えてくれる「@メニュー」など、ユーザーがパソコンを快適に使えるソフトも豊富に取りそろえている。さらに、こちらの記事で紹介しているかわいいAIアシスタント「いつもアシスト ふくまろ」では、パソコンの音声操作もできる。

パソコンの中のふくまろが家族の一員に

 これら便利なプリインストールソフトは、富士通のパソコンであればほぼ変わりなく入っている。差異があるとしても細かいモノでしかないが、どうしても違いが気になったり、プリインストールされている全ソフトが知りたいという場合は、こちらのリストで確認してみてほしい。

試用機の主なスペック
機種名 LIFEBOOK WA3/B3
CPU Core i7-8550U(1.80GHz)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
メモリー 16GB
ストレージ 約128GB SSD、1TB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.0端子、USB 2.0端子、有線LAN端子、HDMI出力、SDカードリーダー、マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子
サイズ/重量 およそ幅361×奥行き244×高さ27.1mm/約2.3kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通