このページの本文へ

上海問屋「HDMIチェッカー」

HDMIのスペックがわかる測定器が上海問屋から

2018年06月20日 22時39分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋の玄人向けブランド「上海道場」から、HDMIのスペックを手軽に測定できる「HDMIチェッカー」(型番:DN-915287)が登場。ドスパラ秋葉原別館で販売中だ。

HDMIのスペックを手軽に測定できる「HDMIチェッカー」

 その名の通り、HDMI端子に差すだけでスペックを測定し表示できる小型デバイス。解像度・HDCPのコンポーネント方式、色空間の種類などが表示されるため、4KやHDCPの対応状況を即座に確認できる。

液晶部分には解像度・HDCPのコンポーネント方式、色空間の種類などが表示される

 製品はHDMI入力端子に接続して使用する仕組み。HDMI出力端子では測定できないほか、ケーブルのバージョン情報なども取得できない。サイズは22(W)×70(D)×11(H)mmで、重量は約14g。付属品として、電源用USBケーブルとHDMI延長ケーブルが付く。

もし忘れても4KやHDCPの対応状況を即座に確認可能

 価格は2299円(税抜)。初期不良は2週間。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ