このページの本文へ

米Google、大学選びを支援する検索機能を追加

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2018年06月13日 03時01分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google は2018年6月12日、学生の大学選びを支援する検索機能を追加したことを公式ブログで発表した。モバイルおよび PC で利用出来る。

昨年発表した求人検索に続き、不便な検索を解決する取り組みとして大学情報検索をリリースする。大学に関する情報はインターネットに散在しており、どのような要因を考慮すべきか、どの情報が大学選びの意志決定に最も役立つのかはっきりしていない。Google によると最近入学した学生と入学希望者の63%が大学や経済援助の選択肢を探している時に途方に暮れたと回答したという。

発表した大学検索は、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)やスペルマン大学といった4年生大学を検索すると、入試情報や学費、学生生活といった大学選びに役立つ情報を検索結果画面に直接表示する。また、入学後にかかる費用の目安がわかるように、学費援助を受けた後の平均支払金額もわかる。さらに入学から10年後の標準的な年収や進学率データも得ることができ、その学校に通うことの潜在的成果をよりよく理解できるようになっている。


Start your college search with Google
https://www.blog.google/products/search/college-search-google/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く