このページの本文へ

神戸製鋼の品質不正が刑事事件化、株主代表訴訟のリスクも

2018年06月12日 06時00分更新

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
神戸製鋼所の東京本社に京地検の係官らが家宅捜索
6月5日午前、神戸製鋼所の東京本社に東京地検の係官らが家宅捜索に入った。「淡々と、真摯に協力するしかない」。神戸製鋼の社員はため息をつく Photo:kyodonews

 ついに、神戸製鋼所にXデーが訪れた。6月5日、東京地検特捜部と警視庁が、不正競争防止法(虚偽表示)違反の疑いで神戸本社や東京本社を家宅捜索したのだ。

 昨年10月8日に発覚し、トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ、米ボーイングといった世界に名だたる顧客をも揺るがせた神戸製鋼の品質不正問題は、これをもって刑事事件に発展したことになる。

 神戸製鋼は今年3月、外部調査委員会の報告書を公表。4月には川崎博也氏が会長兼社長を辞任するなど、経営体制を一新して信頼の回復に臨んでいたが、事が簡単に収束することはなさそうだ。

 これまで、一連の不正問題で不幸中の幸いといえたのは、不正製品の出荷先が国内外延べ688社に上る一方で、安全性に問題が生じたという報告が一件も出ていないことだった。そのため、すでに神戸製鋼は不正製品が使用された自動車の購入者などから訴訟を提起されてはいるものの、それが広範囲に及ぶ可能性は低いといえた。

 実際に顧客との間で取引停止に至った例も、意外なほど少ない。

 2017年度における不正問題の影響額は、利益ベースで123億円だ。ただ、その多くは顧客への補償費用や弁護士費用が占めており、他社への乗り換えを含む販売減少の損失額は、鉄鋼事業でたったの20億円しかなかった。不正の温床となっていたアルミ・銅事業では、アルミの需給がタイトで同影響額はさらに少ないもようだ。

100億円の損ですむか

 神戸製鋼は、不正問題の18年度における影響額も、100億円にとどまると見込んでいる。しかし、業績を押し下げる新たなリスクはじわりと顕在化しつつある。

 Xデーの到来に伴い、不正競争防止法違反が認められれば、処罰を受ける可能性が高い。その場合、法人には3億円以下の罰金、個人には5年以下の懲役または500万円以下の罰金が科される。

 それだけではない。今後は、取締役の善管注意義務違反により会社に損害が生じたとして、株主代表訴訟を起こされるリスクも考えられる。「リスク管理体制を構築していたとしても、実際のところ、その体制が機能していなかったことに取締役の責任があるなら、可能性は否めない」(企業法務に詳しい中島成弁護士)のだ。

 また、株価は不正発覚前の1300円前後から1100円近傍へと低迷しており、株主から株価下落分の損害賠償請求訴訟を提起されるリスクも燻っている。

「(神戸製鋼と統合するのが)嫌だってことはないですよ。ただ、現時点でそこまで考えてるってことは、本当にない」。進藤孝生・新日鐵住金社長は、神戸製鋼に家宅捜索が入った翌日、こう述べた。だが、もし不正問題が長引くようなら、神戸製鋼はこれまで貫いてきた独立独歩の道を諦めねばならなくなる。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 新井美江子)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ