このページの本文へ

AMD Ryzen 5 2500Uを搭載、ベンチマークで性能をチェック

9万円台Radeon Vega 8搭載15.6型ノートPCがゲームもできてコスパ良し!

2018年06月12日 07時00分更新

文● 山口優、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「New Inspiron 15 5000(AMD)」

 洗練されたデザインの筐体に光学ドライブや指紋認証センサーなどを搭載し、エンタメからビジネスまでマルチに対応するデルの15.6型ノートパソコン「New Inspiron 15 5000(AMD)」(関連記事)。APUにAMDのRyzen Mobileを採用しているが、いったいどのくらいの性能を持っているのだろうか。今回は各種ベンチマークテストを実施して、New Inspiron 15 5000(AMD)のパフォーマンスをチェックしてみた。

RyzenプロセッサーとRadeon Vega グラフィックスを搭載

4コア/8スレッドのAMD Ryzen 5 2500U(2GHz/最大3.6GHz)が搭載されている

 New Inspiron 15 5000(AMD)は、搭載するCPUやメモリー容量、ストレージなどの構成の違いによって「スタンダード」と「プレミアム」の2モデルに分かれている。いずれもAPUにRyzenプロセッサーを、グラフィックスに統合型のRadeon Vegaを採用しているのが特徴だ。スタンダードとプレミアムのおもな仕様は以下の通りとなっている。

New Inspiron 15 5000の主なスペック
機種名 スタンダード プレミアム
プロセッサー Ryzen 3 2200U(2.5GHz/最大3.4GHz、2コア4スレッド) Ryzen 5 2500U(2GHz/最大3.6GHz、4コア8スレッド)
グラフィックス AMD Radeon Vega 3(3コア) AMD Radeon Vega 8(8コア)
TDP 15W 15W
メモリー 4GB(DDR4、2400MHz) 8GB(DDR4、2400MHz)
ストレージ 1TB HDD(5400rpm) 1TB HDD(5400rpm)
バッテリー 42WHr、3セル 42WHr、3セル

 今回試したのは、そのうちプレミアムモデルで、採用するAMD Ryzen 5 2500Uは、インテルCoreプロセッサーだと第8世代のCore i5-8250UおよびCore i7-8550Uあたりがライバルとなる。あたりがライバルとなる。

 そこでまず、ベンチマークソフト「CINEBENCH R15」を実行してCPUの性能をチェックしてみたところ、シングルコアのスコアが133cb、マルチコアが577cbとなった。Core i5-8250Uと比べると、シングルコアは若干低めだが、マルチコアは同程度。いずれにしてもTDP(熱設計電力)が15Wの省電力プロセッサーとしては、かなりパフォーマンスが高いといえそうだ。

CINEBENCH R15では、CPUのスコアが577cb、シングルコアが133cbとなった

 パソコンの総合的なパフォーマンスをみるためPCMark 8を実行してみたところ、スコアが3297となった。また、PCMark 10では2662というスコアになった。

PCMark 8 Home Acceleratedの結果
PCMark 10の結果

 PCMark 10のスコアは、インテルCPUを採用した同クラスのノートパソコンに比べると少し低め。とくに、表計算やワープロなどのビジネス系アプリの処理性能を測る「Productivity」が低めの結果となったため、シングルスレッド性能の差が影響していると考えられる。もっとも、マシンの基本性能を示す「Essentials」は5000超と、快適に操作できる結果になっており実用性は十分。ノートでする作業内容を考えれば、体感差はあまり出ないと思われる。

 それでは、GPU性能はどうだろうか。New Inspiron 15 5000(AMD)のRyzen 5 2500Uにはパフォーマンスの高さが期待できるVegaアーキテクチャーのGPUが内蔵されている。Core i5-8250UやCore i7-8550Uなどに搭載されているインテル UHD グラフィックス 620と比ベて、どれくらいの性能差があるのだろうか。そこでまず、3DMarkを実行してみたところ、次の結果になった。

GPUは、統合型グラフィックスのRadeon Vega 8が搭載されている
3DMarkの結果
Sky Diver 5743
Cloud Gate 8653
3DMarkでは、Sky Diverで5743というスコアになった

 ゲーミングノートやミドルレンジパソコン向けのテスト「Sky Diver」では、Core i7-8550Uおよびインテル UHD グラフィックス 620を搭載したノートPCに比べて20%程度高い結果になった。省電力プロセッサーの内蔵グラフィックスとしては高速で、エントリー向けの単体グラフィックスに近い性能。これなら、ある程度負荷の高いゲームも、そこそこ快適に楽しめそうだ。

 そこでゲーム系のベンチマークもいくつか試してみた。まず「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51」は次のようになった。こちらも、インテル UHD グラフィックス 620より2割ほどスコアがよい。

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51の結果
グラフィック設定 解像度 スコア 評価
低品質 1920×1080ドット 6282 快適
標準品質 1920×1080ドット 5310 快適
最高品質 1920×1080ドット 4132 普通
ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51の結果

 「FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」と「FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)」も試してみた。以下の結果をみてもわかるように、標準品質であればフルHDでも「FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)」をある程度快適に楽しめる。インテル UHD グラフィックス 620よりも一段階程度、品質を上げられるだろう。統合型グラフィックスでここまでの性能が出れば、一般ユーザーやライトゲーマーには十分だといえる。

FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編の結果
FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)の結果

バッテリーは5時間駆動可能

 New Inspiron 15 5000(AMD)のプレミアムモデルには、ストレージとして1TBの2.5インチHDDが搭載されていた。CrystalDiskMarkで性能をチェックしてみたところ、シーケンシャルリードが120MB/秒前後になった。2.5インチHDDとしては標準的なスピードで、日常的な作業で不満を覚えるときはあまりないが、高速なSSDに比べるとOSやアプリの起動、データの読み出しなどは、やはり少しもたつく印象だ。

内蔵HDDはシーケンシャルリードが118MB/秒と標準的な速さ

 より高速性を求めるなら、今後発売予定の「プラチナSSD」モデルを検討するのもよさそうだ。プロセッサーにRyzen 7 2700U、ストレージに高速なSSDを採用しているため、本機以上にサクサク動作するはずだ。

 最後にバッテリー性能もチェックしておこう。本機には3セル/42WHrのバッテリーが搭載されている。そこでバッテリーベンチマークソフト「BBench」を使ってバッテリー駆動時間を計測してみた。なお、BBenchは「60秒間隔でのウェブ巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定し、満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている。

BBenchによるバッテリー駆動時間結果
電源プラン 電源モード 画面の明るさ 駆動時間
デル(推奨) より良いバッテリー 50% 4時間52分
ACアダプターは小型軽量タイプで本体と一緒に持ち運んでも邪魔にならない

 結果、約5時間の駆動が可能だった。出先に持ち運ぶよりは、自宅やオフィスに据え置いて使用するタイプの製品なので、これくらい持てば十分だといえるだろう。ACアダプターが小型で邪魔にならないのもありがたいポイントだ。

デルの「New Inspiron 15 5000(AMD)」は、コストパフォーマンスの高さが魅力的

 洗練されたデザインの筐体に、高性能なAMD Ryzenプロセッサーを搭載したNew Inspiron 15 5000(AMD)デルの直販サイトでは、スタンダードモデルが8万5298円、今回試したプレミアムモデルが9万7178円というリーズナブルな価格で販売されており、コストパフォーマンスの高さも魅力的。しかも執筆時は17%オフクーポンの適用で、それぞれ7万797円と8万657円になっており、さらにお得感がアップしている。洗練されたホームノートを探している人や、従来のCPU内蔵のグラフィックスではちょっと物足りなく感じている人には、ぜひ注目してほしい製品だ。

試用機の主なスペック
機種名 New Inspiron 15 5000(AMD)プレミアム
CPU Ryzen 5 2500U(2GHz/最大3.6GHz、4コア8スレッド)
グラフィックス Radeon Vega 8 Graphics
メモリー 8GB(DDR4、2400MHz)
ストレージ 1TB HDD(5400rpm)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレー 15.6型ワイド(1920×1080ドット)、ノングレア
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.1(Gen 1)端子×2、USB 2.0端子、HDMI端子、コンボヘッドフォン/マイク入力端子、SDカードリーダー、有線LAN端子、Nobleロック・セキュリティースロット
サイズ/重量 およそ幅380×奥行258×高さ22.7mm/約2.221kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー