このページの本文へ

GeForce GTX 1060搭載だけど気軽にカバンに入れて持っていこうと思えるサイズ

高性能で持ち運べる薄型ノートPC、ゲーミングらしさと渋さを両立した筐体が魅力

2018年06月10日 10時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GALLERIA GCF1060GF-E」

 サードウェーブから登場した「GALLERIA GCF1060GF-E」は、GeForce GTX 1060を搭載する15.6型ゲーミングノートパソコンだ。このマシンの最大の特徴は、様々なゲームが快適に遊べる性能を持ちながら、厚さおよそ27mm、重さ約2.0kgと、スタンダードな15.6型ノートとほぼ変わらないサイズに収まっているという点にある。(前回)は、GALLERIA GCF1060GF-Eのベンチマーク結果を紹介したが、今回は外観や使い勝手などを紹介する。

リュックにスポット入るサイズ
普通に持ち運べるゲーミングノート

厚さおよそ27mmで、スタンダードノートとほぼ変わらない

 先述したように、GALLERIA GCF1060GF-Eは15.6型ゲーミングパソコンとしてはスリムで軽量。普段私が使っているリュックにもスッポリ入り、たまに外に持ち運ぶ程度ならまったく問題ないサイズだ。実際に、自宅でゲームの記事を書いていて、ちょっと編集部でもプレーしたいなと思ったときに、カバンに入れて持って行っている。

 今まで同じ状況のときは、編集部にあるゲーミングデスクトップで再度ゲームをインストールしなくてはいけなかったためゲームを始めるまでに時間がかかったが、GALLERIA GCF1060GF-Eがあればカバンから取り出してすぐに続きができる。友人とオフラインで一緒にPCゲームを遊びたいというときなどに重宝しそうだ。

ゲーミングノートとしてはめずらしく、天板にメーカーのロゴすらなくとても渋いデザイン

 筐体のカラーはブラックで統一されており、天板にメーカーロゴもないためゲーミングパソコンとしてはかなりシンプルな部類に入る。会社にあるスタンダードな15.6型ノートと並べてみても違和感がなく、ゲーミングでも派手ではなく渋いデザインがいいという人にオススメだ。

 ただし、性能にはあまり関係のない部分だが、持ち運んで使用していると結構指紋が目立つ。筐体は常にキレイにしておきたいという場合は、こまめに拭いた方がいい。

スタイリッシュな狭額ベゼル

ディスプレーのベゼルが狭く、よりゲームに集中できる

 ディスプレーの解像度は1920×1080ドットと標準的で、ノングレア液晶を採用している。私は1度ゲームを始めると長時間遊ぶときが多い。その場合、映り込みの少ないノングレアだと集中力が持続しやすく目も疲れにくい。また、狭額ベゼルでディスプレー部がスッキリしており、よりゲームに集中できる。

 ただ、発色が極端にいいわけではなく、ゲーミングディスプレーのように高いフレームレートに対応しているわけではないので、美しいグラフィックが魅力のゲームを存分に堪能したい、高フレームレートでゴリゴリにFPSをプレーしたいという人は、別途ゲーミングディスプレーを用意したほうがいいだろう。

 GALLERIA GCF1060GF-EはHDMIとMini-DisplayPort×2を備えているので、外付けディスプレーに接続してゲームを楽しむことも可能だ。なお、出力端子は背面にあり、USB 3.0端子は筐体右側にあるため、外部出力用のケーブルマウスのケーブルがからまってゲームに支障がでる……といったことが起こらないのもうれしいポイントだ。

ゲーミングデバイスと画面出力のケーブルが引っかからないように、HDMIとMini-DisplayPort×2は背面に用意してある
右側にUSB 3.0端子×2とSDカードスロットを配置
左側にUSB 2.0端子とヘッドフォン出力、マイク入力、有線LAN端子を配置

高耐久な光学式センサーと光学式スイッチでゲームは快適

光学式スイッチで押すとカチッと音がする

 GALLERIA GCF1060GF-Eのキーボードは、光学式スイッチを採用。押すとカチッカチッとメカニカル式のような打鍵感がある。ただし、ストロークは単体のメカニカル式キーボードと比べると浅めで、そこまで強く打鍵しなくても入力できる。メカニカルのカチッという打鍵感と、サクサク入力できる浅めのストロークを両立しているほか、光学式センサーにより耐久性も実現している。ただし、タイプするたびにカチッと音がするため、静かにしなくてはいけない状況などでの使用は難しいかもしれない。

 また、ゲーミングらしいポイントの1つとして、レインボーに輝く内蔵LEDがあげられる。LEDはプリインストールされている「Contol Center」で設定の変更が可能。エフェクトのバリエーションのほか、スピードや光の強さも変更できる。もちろんゲームに集中したいという場合はLEDをオフにすることも可能だ。

LEDバックライトでレインボーに輝くキーボード
LEDのエフェクトはたくさん用意してあり、単色にしたり、オフにしたりもできる

ゲーム中のファンの音は結構大きめ
集中する場合はヘッドセット必須かも

 2週間ほどGALLERIA GCF1060GF-Eを使っていて、かなり気に入っているのだが、唯一どうしても気になる点がある。それはファンの音。普段使用している場合はとても静かなのだが、重いゲームを起動すると筐体の熱を逃がすためにファンがすごい勢いで動き始める。ヘッドセットを着用していれば気にならないのだが、集中してゲームをプレーしたいという場合はヘッドセットの着用は必須だと感じる。

 その分、ゲーム中に筐体が熱々になって動作が遅くなったりすることもない。また、Contol Centerでファンの設定が可能で、ファンのスピードを固定させたり、温度が何度になったらスピードを何%にするといった細かい設定も可能だ。

ファンのスピードが変更可能
温度が何度を超えたらファンのスピードを上げるといった設定も可能

薄型のゲーミングノートがほしい人にオススメ

 いままで、ゲーミングノートパソコンは持ち運べるとはいえ、実際にカバンに入れて持っていく際は結構気合が必要だった。GALLERIA GCF1060GF-Eは「あ、今日持っていこう」と気軽に思えるサイズになり、ゲームもしっかり動く性能を持っている。薄型のゲーミングノートパソコンがほしいと思っている人は、ぜひ1度GALLERIA GCF1060GF-Eをチェックしてみてほしい。

試用機の主なスペック
機種名 GALLERIA GCF1060GF-E
CPU Core i7-8750H(2.2GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)
メモリー 8GB
ストレージ 250GB SSD(M.2、AHCI接続)、1TB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)
インターフェース USB 2.0端子、USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)端子、HDMI端子、Mini-DisplayPort×2、マイク入力、ヘッドフォン出力、有線LAN端子、SDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅360×奥行245×高さ27mm/約2.0kg
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 17万2778円から(6月11日現在)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ