このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第563回

夕方の温泉街で人に寄ってくる、箱根の猫たち

2018年06月09日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
赤いマットにきれいなハチワレ。もう閉めようとしてるお店の前にちょこんと座っておりました(2018年4月 富士フイルム X-T2)
赤いマットにきれいなハチワレ。もう閉めようとしてるお店の前にちょこんと座っておりました(2018年4月 富士フイルム X-T2)

 先日、小田急の新型ロマンスカーに乗ってきたのである。最近、新型車両「GSE」が導入されたのだ。

ロマンスカーの新型車両「GSE」 ロマンスカーの新型車両「GSE」

 新型ロマンスカーの後展望席チケットを友人が譲ってくれたので、それはぜひ乗りたいってことで、箱根湯本まで。平日昼間のチケットを譲られて二つ返事でOKできるってのは自由業のいいところですな。

 まあそれはそれとして、そのロマンスカーが箱根湯本駅に到着するのが16時過ぎ。温泉街なので夜は早い。泊まるわけにもいかない。

 どう考えても、2時間くらいぶらぶらしたら戻ってこなきゃいけないという、わざわざ観光地へいって2時間で帰ってくるとは何をやってんだかという気もするが、第一目的が「新型電車に乗ること」なのでそれでいいのである。

 で、現地でどうやって時間をつぶすか。

 そうだ、猫との出会いを求めて散策しよう。

 まあいつものパターンですな。

 特にどこへ行くでもなくふらふら温泉街を散歩することってあまりないのだが、これがなかなか楽しい。

 すると17時前なのにもう店じまいの準備をしてるお店の前で見事なハチワレを発見。

 やあやあと近寄って、お店の人にちょっと挨拶して這いつくばって撮ったのが冒頭写真である。

 このあたり、猫がちょこちょこ歩き回っているらしい。

 近所の駐車場っぽいスペースへ行くと、猫が数匹ごろごろしてる。カメラを構えてると、ご近所さんっぽい男の人がひょいと現われて、無造作に猫に近づいてさりげなくしゃがむと猫がとことこ集まってくる。

 互いにめちゃ慣れてる。常連さんらしい。この近所に住んでるわけではないそうなんだけど、どう見ても常連さん。

猫がいきなり鼻を押し付けているの図。もうマジで突進である(2018年4月 富士フイルム X-T2)
猫がいきなり鼻を押し付けているの図。もうマジで突進である(2018年4月 富士フイルム X-T2)

 彼が猫を撫でていると、斜め後ろからキジトラがやってきていきなり鼻をすりすり。どうもバッグの中に干物だかかまぼこだか、海産物系のものがはいっていたんじゃなかろうか。

 猫を引き寄せる臭いだ。

 いやあ面白いですな。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン