このページの本文へ

「HUAWEI MediaPad M5」でタッチパネルの最適化を含むアップデートを開始

2018年06月05日 17時20分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、8型タブレット「HUAWEI MediaPad M5」のソフトウェアアップデートを開始したことを発表した。ユーザーの元には順次更新通知が配信され、約1ヵ月ですべてのユーザーがアップデート可能になる。

HUAWEI MediaPad M5

 更新内容としては「タッチスクリーンの感度の最適化」「Google セキュリティパッチによる端末セキュリティの強化」など、とのこと。更新はLTE版、Wi-Fi版ともに行なわれ、ファイルサイズはそれぞれ約281MB、約256MB。

 HUAWEI MediaPad M5は、8.4型で持ち運びやすいサイズのプレミアムモデルのAndroidタブレット。Harman Kardonによるサウンドチューニングのほか、オクタコアの「HUAWEI Kirin 960」を搭載するなど、処理性能の高さも特徴的。SIMフリーのLTE版も用意されている。


カテゴリートップへ