このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第425回

「Uchi Café ×GODIVA」初の和スイーツ

ローソンでゴディバの「チョコ大福」 もち~としていて本格的

2018年06月05日 18時00分更新

文● ナベコ、天野透

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ローソンは「Uchi Café ×GODIVA」シリーズ初となる和スイーツ「生ショコラ大福」を6月5日に発売しました。価格は260円。GODIVAの和スイーツはローソンのみならず他社ふくめコンビニとのコラボ製品では初めてのこと。珍しいので注目です。

「Uchi Café ×GODIVA 生ショコラ大福」
・店舗:全国のローソン
・価格:260円
・発売日:6月5日

和のゴディバはどんな感じ? 食べてみた

金色のパッケージが特徴。

 新しいもの好きのアスキー編集部員がさっそく食べてみました!

いただきます!

●おもちの弾力が魅力! 濃厚ビターな大人のチョコ大福

 サイズは手にコロンとのるほどで、一般的な「大福」サイズ。おまんじゅうのようなサイズを想像していると、こぶりだと感じるかもしれません。

 フォークなどは使わず直接手でとっていただきます。手で直接触れて感じる「ヒヤッ、やわっ」とした感触もおもしろみ。

一般的な大福のサイズ。

 外側は「おもち」。中にダークチョコレートクリームと生チョコレートが包まれています。パクッとかぶりつくと、もち~っと、食感。うん、おもち。おいしい。

 深いコクを感じるダークチョコレートと、なめらかで香り華やかな生チョコレートが織りなす風味は濃厚ビターで、かつ繊細。甘さが強調されるのではなく、大人のチョコスイーツです。

 いちばんはおもちの食感。ただ柔らかいだけではなく、コシと弾力があって老舗の和菓子店を思わせました。おもちの弾力があるから、チョコレートの濃厚な味わいとのバランスがよく、後味の余韻もキレイです。コク深い味なのに、パクッ、パクッとあっというまに食べちゃいました。

手にココアパウダーがつくのもご愛嬌。

 和の素材おもちがチョコレートと良いコンビネーションで名作!

 大福なのにしっかりとゴディバの世界観を表現しているところがスゴイ。小ぶりなためローソンゴディバシリーズの中では価格が手ごろというのも、うれしい点。ビターなチョコレートが好きな人は試しておかない手はないでしょう。(ナベコ)

贅沢な「ショコラロールケーキ」も発売

「Uchi Café ×GODIVA ショコラロールケーキ」
・店舗:全国のローソン
・価格:450円
・発売日:6月5日

 同シリーズから、「ショコラロールケーキ」も同日発売しました。ローソンとGODIVAとのコラボ商品シリーズの発売が今年の6月で1年を迎えることを記念した、アニバーサリー仕様に仕立てたケーキチョコレートです。

●ボリュームたっぷり! ジャンドゥーヤのサクサク食感が楽しい

 濃厚なチョコクリームを贅沢に使った、コラボ1周年を祝う華やかなデコレーションの新ゴディバロール。クリームの香りはビターでしっかりとカカオを感じさせ、ほのかな酸味で重たくなりすぎないのが好印象です。

 中のソースはクリーム以上に濃く、チョコレート感しっかり。ロールの真ん中で待ち構えるジャンドゥーヤの、サクサクした食感のアクセントがとっても愉快。

 かなりボリューミーで、飲み物片手に1つ食べると満足感たっぷり。450円というお値段にはちょっと構えるけれど、見て華やか、食べて食感楽しい。これからの季節、ストレートのアイスティーやアイスコーヒーなどとあわせると快いティータイムになりそうです。(天野透)

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!