このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第550回

アスキー的パソコン大解剖

ゲーミングPCを予算10万円以下で自作 おすすめパーツは?

2018年06月04日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部で2018年5月19日に公開した「10万円以下低予算ゲーミングPCおすすめ自作レシピ、パーツ紹介」を紹介します。


選択肢が広がったCoffee Lakeでの自作に注目

 PentiumやCeleronとともに、「Intel H370」や「Intel B360」といった廉価版チップセットが投入され、PC自作の幅が広がったCoffee Lake-Sこと、第8世代Coreプラットフォーム。

 なかでも最上位となる「Intel Z370」チップセットの下位に位置し、ミドルレンジクラスからエントリークラスをフォーローする「Intel H370」を搭載するマザーボードは、コストパフォーマンスが優秀だ。

10万円アンダーの格安ゲーミングPCを組もう!

 このH370搭載マザーボードの登場に加え、一時期は極端な品薄、高値となっていたビデオカードが落ち着きを取り戻しつつあり、コストパフォーマンスを重視したゲーミングPCを組むのにベストと言える状況になってきている。

 そんなパフォーマンスとコストを重視したH370ゲーミングPCを組む上で、マスターしておきたいポイントや10万円アンダーを実現する格安ゲーミング構成、おすすめパーツなどを紹介していこう。

1万台前半からマザーボードを選べるようになった第8世代Coreプラットフォーム。コスト重視で組めるようになった
ランナップが増加した第8世代Coreプロセッサー。コスパ重視派にダントツ人気なのは、6コア/6スレッド、最大4GHz動作の「Core i5-8400」だ
ビデオカードの品薄は解消中。秋葉原おなじみの週末限定特価も多いので、要チェックだ

Intel 300シリーズチップセットの
スペック差をマスター

 ハイエンド、ゲーマー向けチップセットとなるZ370に加え、H370、B360、Q370、H310チップセットが追加された第8世代Coreプロセッサー向けチップセットのIntel 300シリーズ。エンタープライズ仕様のQ360を除いた3モデルが一般向けで、ミドルレンジからエントリー向けのH370、エントリー向けでコストを抑えたB360、限られた機能を備える組み込み向けのH310という棲み分けになる。

 注目のH370チップセットは、オーバークロック機能とマルチGPU機能が削られているが、新たにUSB 3.1 Gen2(2ポート)がサポートされ、後発ならではのメリットもある。

 NVIDIA SLIのサポート(CPU内蔵PCIeレーンの分割)の有無もあるが、チップセット選びで最も大きなポイントとなるのは、CPU型番末尾に“K”が付く、倍率ロックフリーモデルで、CPUのオーバークロックを行なうかどうかだ。

 大型のCPUクーラーや簡易水冷キット使って、5GHz動作などを目指すならZ370搭載マザーボードでキマリだが、無印のCore i7やCore i5と組み合わせるなら、H370で十分と言える。

Intel 300シリーズチップセットの比較表
  Z370 Z370 B360 H310
サポートCPU Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake
ソケット形状 LGA 1151 LGA 1151 LGA 1151 LGA 1151
対応メモリーch/速度 2ch/DDR4-2666 2ch/DDR4-2666 2ch/DDR4-2666 2ch/DDR4-2666
USB 3.1 Gen2サポート数 0ポート 最大4ポート 最大4ポート 0ポート
オーバークロック機能 × × ×
CPU内蔵PCIe 構成 x16×1、x8×2
x8×1+x4×2
x16×1 x16×1 x16×1
SATAポート 6ポート 6ポート 6ポート 4ポート
RAID機能 × ×
チップセットの
PCIe 3.0レーン数
24レーン 20レーン 12レーン 6レーン(Gen2.0)
VGA出力数 3 3 3 2
Z370マザーボードのほとんども、リアにUSB 3.1 Gen2対応ポートを装備しているが、これはマザーボードメーカーが独自に搭載したもので、ASMediaなどのサードパーティー製チップの制御になる
H370マザーボードの多くも、2基のM.2スロットを装備。さらにH370やB360は、11ac無線LANとBluetoothを増設できるインテル CNViスロットを新たにサポートしている

パフォーマンスとコストを重視した
オススメ構成はコレだ!

 「Core i7-8700K」に次いで人気となっている、6コア/6スレッドで最大4GHz動作の「Core i5-8400」をメインに、コストを抑えつつ機能充実のH370搭載マザーボードを組み合わせて、10万円アンダーの格安ゲーミングPCを構築しよう。

Core i5-8400やH370マザーボード、GeForce GTX 1050 Ti、SSDなどを搭載しつつ、10万円アンダーを実現

 続きは「10万円以下低予算ゲーミングPCおすすめ自作レシピ、パーツ紹介」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキーNo.1191(2018年8月14日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキーNo.1190(2018年8月7日発行)

  • 週刊アスキーNo.1189(2018年7月31日発行)

  • 週刊アスキーNo.1188(2018年7月24日発行)

  • 週刊アスキーNo.1187(2018年7月17日発行)

  • 週刊アスキーNo.1186(2018年7月10日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事