このページの本文へ

深層学習などに最適化した「高火力コンピューティング」を紹介

さくらインターネット、人工知能学会に出展

2018年06月01日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さくらインターネットの「高火力コンピューティング」

 さくらインターネットは6月1日、「2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)」に出展すると発表した。

 2018年度 人工知能学会全国大会はAI分野のさらなる可能性について議論するAI研究コミュニティの全国大会。さくらインターネットのブースでは、機械学習や深層学習、大規模データ処理など高性能な計算資源用に最適化した「高火力コンピューティング」を紹介する予定という。

2018年度 人工知能学会全国大会は6月5日~8日、「城山ホテル鹿児島」(鹿児島県鹿児島市新照院町41番1号)にて開催される。参加費は正会員1万4000円/学生会員7000円、非会員は一般2万6000円/学生1万2000円(会員は不課税、非会員は税込み)。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!