このページの本文へ

日本語GUIの搭載で中規模ネットワークの設定も容易に

ネットギア、スマートスイッチ4製品を日本語対応に

2018年06月01日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GS728TP/GS728TPP/GS752TP/GS752TPP」、24ポート/48ポート(+SFP×4)を装備する

 ネットギアジャパンは6月1日、日本語対応した静音設計のPoE+スマートスイッチ「GS728TP/GS728TPP/GS752TP/GS752TPP」を発表。6月13日に発売する。

 日本語に対応したアンマネージ・プラススイッチに続く第2弾となり、同社初となるスマートスイッチの日本語対応モデル。一般的なネットワークで必要となるVLANやQoS、リンクアグリゲーション、 SNMP、 L2+(ルーティング)などの機能を搭載し、中規模ネットワークに適した製品。ウェブ管理画面を日本語化することで今まで以上に簡単に設定できるようになったという。

 「GS728TP-200AJS」(10万2600円)はポート数24、190WのPoE給電能力を持つ。「GS728TPP-200AJS」(12万9600円)はポート数24、PoE出力380W 。「GS752TP-200AJS」(17万2800円)はポート数48、PoE出力380W 。「GS752TPP-100AJS」(21万6000円)はポート数48、PoE出力760W。24/48ポートの10/100/1000Mbps対応ポート(いずれも全ポートPoE+に対応)に加えて、SFPポート×4を搭載。ラックマウントキットが付属し、EIA規格の19型ラックに搭載できる。

 新製品の発売に伴い、旧製品となる従来モデル(GS728TPv1、GS728TPPv1、GS752TPv1)を割引価格で販売するキャンペーンを実施している。

カテゴリートップへ