このページの本文へ

国家レベルでコンプライアンスが変化する時代にあわせ、クラウド保存先の国を指定

Box、データの保存先として複数の国を指定できる新機能

2018年06月01日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Box Zones with Multizones」

 Box Japanは6月1日、クラウドストレージサービス「Box」のデータの保存先として複数の国を選択できる「Box Zones with Multizones」を開始した。

 GDPR(EU一般データ保護規則:EUが開始した新たな個人情報保護規則)といったコンプライアンスおよびデータレジデンシーへの懸念の高まりを受けたものだという。

 日本、米国、カナダ、英国、アイルランド、ドイツ、シンガポール、オーストラリアなどのBoxが利用できる国すべてで提供され、世界7ゾーンから保存先を選択できる。複数の地域にわたってデータを保存することでクラウドにおけるプライバシーレベルや制御レベルを引き上げることが可能としている。管理者は企業が使用しているゾーン数にかかわらず単一の管理コンソールから企業全体のデータを管理できるという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ