このページの本文へ

「iCloudフォトライブラリ」の使い方をおさらい、iPhoneで便利に写真管理!

2018年06月03日 10時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「iCloudフォトライブラリ」は、同じApple IDでサインインしているデバイス間で、クラウドを通じて写真を同期する機能です。使い方をおさらいして、便利に活用しましょう。

 「iCloudフォトライブラリ」を設定します。「設定」→「(あなたのユーザー名)」をタップ。

 「iCloud」をタップ。

 iCloudの設定画面が表示されます。「写真」をタップします。

 「iCloudフォトライブラリ」をタップしましょう。iCloudフォトライブラリがオンになりました。

 これで、iPhoneのカメラロールの写真が、自動的にiCloudにアップされ、他のデバイスと同期されます(同期したいデバイス側でもiCloudフォトライブラリをオンにする必要があります)。

 なお、その下の設定は「iPhoneのストレージを最適化」がおすすめです。「オリジナルをダウンロード」にすると、常にオリジナルの解像度の画像をダウンロードしてしまうため、写真を多く撮る方だと、ストレージの消費が著しく激しくなります。

iPhone「写真」アプリ画面

 iPhoneで撮影した写真やビデオを、iCloudを設定した他のデバイスで確認できます。

iMacに表示された「iCloudフォトライブラリ」

 「iCloudフォトライブラリ」を活用すれば、iPhoneで撮影した動画や写真を、Macで編集するといった際に、メールやAirDrop、ファイル送付サービスなどを使わなくて済むため、アップル製品の愛用者にとっては、非常に便利ですね。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中