このページの本文へ

ソニー、0.5型でUXGA解像度の有機ELマイクロディスプレー

2018年05月29日 12時00分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは5月28日、0.5型でUXGA(1600×1200ドット)の解像度を持った有機ELマイクロディスプレー「ECX339A」を商品化すると発表した。サンプル価格は5万4000円。

 ECX339Aは、独自の有機ELディスプレー技術と微細化プロセス技術により、6.3μm画素ピッチを実現している。新規設計の駆動回路を採用することにより、高解像度でありながら従来品と同等の低消費電力を実現しているとのこと。また、独自の駆動方式を組み合わせることにより、240fpsまでのフレームレートに対応しているという。

 トランジスタのレイアウトやプロセス最適化により、小型化で起きる特性のばらつきや耐圧低下を改善。独自のばらつき補正回路により高画質を実現したとのこと。また、カラーフィルターをシリコン基板上に直接形成し発光層との距離を縮めるとともに、カラーフィルターの色の配置を工夫。視野角特性を確保し、高解像度化を実現したという。

 高解像度や高フレームレートを実現したことで、画質への要求が高いハイエンドカメラへの搭載が可能。今後AR(拡張現実)やVR(仮想現実)向けのヘッドマウントディスプレー機器など、さまざまな市場での利用も期待されるとのこと。

 サンプル出荷時期は2018年1月で、量産出荷時期の予定は2018年11月。

 仕様は以下のとおり。

ECX339A
画角:0.5型(対角12.6mm)
解像度:UXGA(1600×RGB×1200ドット)
画素ピッチ:6.3μm
最大フレームレート数:120fps(プログレッシブ)/240fps(デュアルラインプログレッシブ)
消費電力(200cd/㎡):310mW@60fps(プログレッシブ)/120fps(デュアルラインプログレッシブ)
ビデオインターフェース:LVDS/Sub-LVDS
最大輝度:1000cd/㎡
コントラスト:100000:1以上

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン