このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第422回

第2弾が5月30日~

スシロー創業祭「100円中とろ」「100円あわび」が目玉

2018年05月28日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーのモグモグ担当(以下、モグ担)ナベコです。みなさま、スシローに行ったことはありますか? はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司などと並んで語られることが多い全国規模の回転寿司チェーンです。今年4月には、外国人観光客が多い上野にも出店しました。

 スシローは5月18日から「大還元 創業祭」を開催しています。第1弾の「倍とろ」フェアは5月27日で終了しましたが、第2弾として、5月30日から6月10日までの期間限定で「復活祭」を開催。かつて登場して人気だったメニューが復活します。

スシロー 大還元 創業祭第2弾 復活祭
・内容:「中とろ」「蝦夷あわび」などかつての人気メニューが復活
・実施期間:5月30日~6月10日
・フェア対象メニュー
「中とろ」(税別100円)
「蝦夷あわび」(税別100円)
「炙り焼き鮭ハラス」(税別100円)
「びんとろ」(税別100円)
「マーラー風味赤えび 揚げネギ添え」(税別100円)
「天然インド鮪たたき身」(税別100円)
「国産極上生ハム ガーリック醤油」(税別100円)
「こういか」(税別100円)
「大判きつね」(税別280円)
「プリン・ア・ラ・モード」(税別280円)
「ソーダゼリー」(税別100円)

「100円(税別)」ってうれしい!!

ひと足先に試食してきました。

 スシローは1984年6月に創業(創業時名称「鯛すし」)。創業月が6月であることから、ここ数年、6月になるとさまざまなフェアを開催しています。今年で34周年とは! 実は歴史が長いのです。

 今年の創業祭の第1弾(5月27日終了)は通常の倍の厚さの「倍とろ」が期間限定で復活販売され話題になりました。今回は、5月30日からスタートする第2弾の限定メニューをひと足先に試食させてもらいました。

 目玉は「中とろ」と「蝦夷あわび」。両方とも100円(税別)です!

「中とろ」

 かつては、スシローの定番であった「中とろ」。レギュラーである「特ネタ中とろ」(税別180円)と同じく「インドマグロ」を使用していますが、ネタの大きさが違うということ。「特ネタ」もいいけど、100円という低価格帯で中とろを食べられるのはお手頃です。

 中とろは、脂のほのかな甘さが広がって、頬がとろりとするおいしさ。とろだけに。ふっくらとした柔らかさと、適度な身の弾力があって、ひと言で言うとおいしい! 特ネタ中とろと比べて小さめなのかもしれませんが、今回の中とろも十分にマグロの魅力を堪能できます。

 ところで、スシローはマグロの品質管理にかなり自信があるよう。一般的な回転寿司では、冷凍の状態でマグロを仕入れるところ、スシローでは市場でマグロを選定してから、自社が管理するマイナス55度の極寒冷凍庫で冷凍。解凍には、海水と同じ濃度の塩水を使うなど、おいしさを保つためにここまで工夫しているとは……知ってみるとちょっと驚きでした。(参照:スシロー 知ってみよう すしのまぐろ

「蝦夷あわび」

 蝦夷あわびも、かつて登場して人気だったネタです。100円の価格帯での登場は3年ぶりになるそうです。

 独特の磯の風味とクリーミーさを感じます。身は厚くて、コリッコリの食感。なのに、かたすぎるということではなく、歯切れは良いです。歯ごたえがあるのに、心地よくすっと噛み切れます。この価格なのに、ちゃんと質が良い感じがします。

 コリコリあわびを食べてると日本酒が飲みたくなりました。本来高級食材なので、フェア中にスシローに行ったら必ず食べてみてください。

「マーラー風味赤えび」「こういか」も必ず食べたい!

 かつて人気だった変わりネタも限定復活です。

「マーラー風味赤えび 揚げネギ添え」

 赤えびと揚げネギとマーラーソースの組み合わせがやみつきになるという「マーラー風味赤えび 揚げネギ添え」(税別100円)。中華のテイストが加わった創作寿司です。

 ぷりっとしたえびと揚げたネギのシャキシャキ食感、香ばしさ。マヨネーズのまろやかさがプラスされるので、マーラー風味といいますが、そこまで辛さは刺激的ではありません。お子様から大人まで、問題なく食べられるはず。

 スシローの遊び心にあふれたメニュー。定番寿司以外もちゃんとおいしいなと発見がありました。私のイチオシ。

「こういか」

 また、「こういか」(税別100円)もオススメ。ありそう、なネタではありますが、かつてはレギュラーのネタだったものの、今は基本的に販売していません。こういかの歯切れが良い食感を好きな人は多いでしょう。光沢が美しいのも特徴です。

 食べてみると、しゃっきりとして小気味いい食感。味わいは淡白で、歯ごたえを好む玄人向けに思えました。お酒を引き立たせてくれそうなネタなので、酒好きの私としては高ポイントを付けたいです。食べていくうちにねっとりさも感じられました。イカおいしいなあと、うっとり。

「天然インド鮪たたき身」

 「天然インド鮪たたき身」(税別100円)は、海苔の風味が豊か。玉子のコクがマグロのおいしさを引き立たせてくれます。

「国産極上生ハム ガーリック醤油」

 「国産極上生ハム ガーリック醤油」(税別100円)は、ニンニクと醤油をきかせたガーリックソースがインパクト。生ハムの主張が強いですが、上にのったリンゴが爽やかさを加えるので、絶妙にシャリとまとまります。

「大判きつねうどん」

 「大判きつねうどん」(税別280円)は「おあげ」にこだわったきつねうどん。ふんわり厚みがあって、濃い甘味。素朴でしっくりくる関西風きつねうどんです。

「プリン・ア・ラ・モード」

 「プリン・ア・ラ・モード」(税別280円)はレトロな雰囲気のパフェ。昔ながらの食感あるカスタードプリンがポイントとのこと。シンプルな組み合わせで、プリンは甘さ控えめだったので、大人でもデザートにちゃんと食べられそうな味でした。

 ……期間限定のメニューは他にも、「炙り焼き鮭ハラス」、「びんとろ」、「ソーダゼリー」などがあります。創業祭を狙ってスシローを訪れてみてはいかがでしょうか。レギュラーメニューも絶賛回転中!

評判のメニューが今だけ。

■関連サイト

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧