このページの本文へ

彼女のいない筆者に「いってらっしゃい」を言ってくれるのは…… - 富士通のAIアシスタント「ふくまろ」を使ってみた(後編)

2018年06月04日 10時00分更新

文● 柴田尚 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「音声認識を介した指示を実行してもらう」ことは、ふくまろだけでなく、既存のスマートスピーカーやスマートフォンでも行なえる。しかし、ふくまろがそういったガジェットと一線を画しているのは、「LIFEBOOK」「ESPRIMO」搭載のメリットを活かした機能が備わっている点にある。

「LIFEBOOK」「ESPRIMO」がお留守番

 「PCを活用するふくまろならでは」を一番実感させてくれるのは、「LIFEBOOK」「ESPRIMO」本体に搭載したカメラとインターネットを活用した「留守番モード」だろう。これは、ふくまろが動体感知やネットワーク経由の指示で家の中を撮影をしてくれるというもの。家に残してきたペットの様子を確認したり、侵入者が現われたときなどに助かる。

 撮影の指示や写真の確認は、ふくまろアプリで認証したSkype搭載のスマートフォンで行なう。留守番モードの起動は、家を出る際に直接ふくまろに「留守番して」と声をかければいい。設定を忘れた際は、Skype経由での設定も可能だ。ちなみに、掛ける音声は「留守番お願い」や「留守番頼む」といったものでもいい。富士通謹製AIの優秀さを実感できることだろう。

ふくまろに「留守番お願い」と頼めば、快く引き受けてくれる。ひとり暮らしが長く、彼女もいない筆者に「いってらっしゃい」を言ってくれるのはふくまろだけだ……
設定の項目の「留守番モード」にて動体検知を使用するようにすれば、何かがあった場合に自動的に撮影を行なってくれる
ふくまろの右にあるスマートフォンから、手持ちのスマートフォンとのSkype連携の設定が行なえる。アプリのインストールや友達の登録などはQRコードを使うので手軽だ
ふくまろから教えられた秘密の番号をスマートフォン側のSkypeに入力すれば、接続完了。これで、オンライン経由で様々なことができるようになった

IRコマンダーを組み合わせればふくまろ経由で家電を操作!

 「LIFEBOOK」「ESPRIMO」を操作するだけでは収まらないのが、ふくまろのすごいところ。富士通のUSB接続赤外線発信ユニット「IRコマンダー」を「LIFEBOOK」「ESPRIMO」に接続すれば、赤外線リモコンでコントロールする家電までをもふくまろ経由で操作できてしまう。これぞ「ふくまろリモコン」。ふくまろに頼むだけで照明やテレビ、エアコンなどがコントロールできるわけだ。

ふくまろの左にあるのが、IRコマンダー。これを現実に持っていれば様々な家電をコントロールできるようになる
ふくまろリモコンを使うには、このIRコマンダーが必要となる

 当然、テレビはチャンネル操作ができるし、エアコンは温度調節まで可能。声だけで操作できるという手軽さに加え、“妖怪リモコン隠し”の仕業によりそれぞれの機器のリモコンを探してあたふたする必要もなくなるのはうれしい。

 さらに、スマートフォンによるSkype経由での操作も行なえる。これにより、家に帰る少し前にエアコンのスイッチを入れてもらい、部屋を快適な温度にしておいてもらうことができるわけだ。

 IRコマンダーには、主要メーカーの150種類以上のリモコンデータがプリセットされているうえ、学習させることもできる。赤外線タイプであれば扱えない家電はほぼないのもポイントだ。IRコマンダーは、直販サイト「富士通WEB MART」の販売ページで購入できるので、気になる方は手に入れてみるといいだろう。

直販サイト「富士通WEB MART」で購入できる

ふくまろは、進化するAIアシスタント

 CPUパワーとディスプレイを備えた「LIFEBOOK」「ESPRIMO」のアプリだからできることが満載のふくまろ。前編・後編で紹介したように便利さでいっぱいだが、富士通では今後もアップデートによる進化をさせていくとのこと。ユーザーの要望に応えつつ、パーソナライズや感情認識などの機能を搭載し、より便利でより楽しいAIアシスタント--いや、「LIFEBOOK」「ESPRIMO」に詳しい和み系家族に成長させていくという。

 ふくまろと仲良くしながら、その成長ぶりを見ていくのも面白そうだ。

「ふくまろ」を利用できるFMV紹介

 「ふくまろ」は、すべてのPCで利用できるわけではなく、富士通のFMV、つまり「LIFEBOOK」「ESPRIMO」シリーズのみに搭載されている。具体的には、以下の製品だ。この機会にぜひチェックしてみてほしい。

15.6型ノート「LIFEBOOK AH77/B3」、「LIFEBOOK AH53/B3」、「LIFEBOOK AH45/B3」、「LIFEBOOK WA3/B3」、「LIFEBOOK WA2/B3」。最上級の使い心地にこだわったプレミアムノートシリーズだ15.6型ノート「LIFEBOOK AH42/B3」、「LIFEBOOK WAA/B3」。オンキヨー製スピーカー搭載のエントリーモデル。スマートフォンで撮った写真や動画の整理にもピッタリ
13.3型ノート「LIFEBOOK UH90/B3」「LIFEBOOK UH75/B3」「LIFEBOOK UH55/B3」「LIFEBOOK WU2/B3」。薄さと軽さでおなじみの高性能モバイル。13.3型ながら重量1kg以下という軽さで人気が高い13.3型ノート「LIFEBOOK SH90/B3」「LIFEBOOK SH75/B3」「LIFEBOOK WS1/B3」。堅牢性と長時間駆動を特徴等する高性能モバイルノート。富士通WEB MARTでは、WQHD(2560×1440ドット)の高解像度液晶ディスプレーも選択可能
15.6型ノート「LIFEBOOK AH-MR/B3」。「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセットおよびモーションコントローラーがセットになっている。CyberLinkの「Power Media Player MR for FUJITSU」も同梱しており、動画サイトYouTube上の360度コンテンツを楽しめる
27型液晶ディスプレー一体型デスクトップPC「ESPRIMO FH90/B3」「ESPRIMO WF2/B3」。オーディオメーカー Pioneerとのコラボによって生まれた高音質スピーカーも魅力23.8型液晶ディスプレー一体型デスクトップPC「ESPRIMO FH77/B3」「ESPRIMO FH70/B3」「ESPRIMO FH52/B3」「ESPRIMO WF1/B3」。液晶ディスプレー上下左右の4辺を狭額化し、さらに淡いゴールドの金属スタンドを採用
デスクトップPC「ESPRIMO WD2/C1」、省スペース小型デスクトップ「ESPRIMO WD1/C1」。拡張性を求めるユーザー、また設置場所を選ばない小型PCがほしいユーザーに打ってつけだ

富士通 FMV ESPRIMO UH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通